カテゴリ:HERO☆JUNREI( 100 )


b0087512_16400911.jpg


森次浩司(森次晃嗣) ダン
菱見百合子(ひし美ゆり子) アンヌ
石井伊吉(毒蝮三太夫) フルハシ
古谷 敏 アマギ
佐原健二 タケナカ参謀

高橋礼子 ピット星人(第3話 湖のひみつ)
水上竜子 ゴドラ星人(第4話 マックス号応答せよ)
西条康彦 ガソリンスタンド店員(第7話 宇宙囚人303)
小林夕岐子 アンドロイドゼロワン(第9話 アンドロイド0指令)
桜井浩子 山辺早苗(第12話 遊星より愛をこめて)
土屋嘉男 土田博士(第14・15話 ウルトラ警備隊西へ)
田村奈巳 前野律子博士(第26話 超兵器R1号)
真理アンヌ ユタ花村(第34話 蒸発都市)
冷泉公裕 フクシン三郎(第45話 円盤が来た)
高野浩幸 ペロリンガ星人(   〃     )
嘉手納清美 サロメ星人(第46話 ダン対セブンの決闘)

菊池英一(きくち英一) ウルトラセブン(第14・15話 ウルトラ警備隊西へ)
山村哲夫 ガンダー他(第25話 零下140度の対決 他)
中島春雄 ユートム(第17話 地底GO!GO!GO!)

冬木 透 音楽
熊谷 健 制作主任
中野 稔 光学撮影
池谷仙克 美術
安藤達巳 監督(第47話 あなたはだぁれ?)
飯島敏宏 監督(第39・40話 セブン暗殺計画)
満田かずほ 監督(第48・49話 史上最大の侵略 他)

(敬称省略させて頂きました。。。)







久しぶりの更新です。
何となく、書いてみたくなったので(笑)。

今年は、ウルトラセブンが1967年に放映されてから、50年と云う節目の年、だったのですね?!





思えば、ミレニアム直前に特撮愛(?)に目覚め(?!)、2004年に初めて森次さんにお逢いすることが叶って以来

セブン関係者に巡礼し続け、画像の通り26人もの方々にお目にかかることが叶いました♪





今にして思うと、本当によくもこれだけの方々にお逢い出来たものだと思います(笑)。

当時は、イベントがあると聞けば、どこへでも出掛けて行って巡礼を果たしていました。




それもこれも、すべては2004年11月27日、アンヌ隊員ことひし美ゆり子さんのHP主催、『ゆり子の部屋・7周年記念OFF会』

へ参加し、ゆり子さんに出逢ったことに始まります。。。




ゆり子さんを通じて沢山のヒーロー、ヒロイン、そして沢山の友人に出逢うことができ、

ここにも沢山書きましたが、そんなみんなと、ロケ地巡りをしたり、イベントに参加したり、楽しくお酒を飲んだりと

とにかく充実したヲタクLIFEを送ることが出来たと思います。





今更ではありますが、改めて皆様に感謝申し上げたいと思います。

本当に有難うございました!!!






おかげさまで(笑)、こと、特撮に関しては、もう数年前からやりきった感があり、

ココへUPしたグッズなども9割方手放してしまいました。。。。





しかしながら、管理人の情熱とは関係なく、未だに多くの方々にここを訪れて頂いており、

気づけば、のべ39万人以上の方々にご訪問を頂き、本当に感謝の念に堪えません。

ご来訪の皆々様、誠に有難う御座いました。





私的にも、思い入れを持って、楽しく、可笑しく書いたブログですし、手放したコレクション達もココに日記として記録してあるので

出来れば、可能な限り、残しておきたいと思っておりますので、今後の更新は、もう殆ど無いと思いますが、

引き続きご愛顧頂ければ幸いです♪












※上記にも書いた通り、セブンでは『ユートム』としてご出演され、

 皆様ご存じの通りゴジラのスーツアクターとして世界的に有名でした中島春雄さんが8月7日にご逝去されました。

 謹んでご冥福をお祈りいたします。




[PR]
by heroes-cafe | 2017-08-13 17:02 | HERO☆JUNREI | Comments(0)

b0087512_23111931.jpg


2月11日に、TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた


ウルトラマンティガの放映15周年を記念した特別上映会に行って来ました∠(^O^) 






イルマ隊長こと高樹澪さん、ムナカタ副隊長こと大滝明利さん、


そしてシンジョウ隊員こと影丸茂樹さんのお三方に加え


第3・20・25・52話にキリエルの預言者イタハシ・ミツオ役で出演された


円谷作品にはウルトラセブン以来非常に縁のある高野浩幸さん。


さらに全52話中14本の作品でメガホンをとられた村石宏實監督


そして来月公開の映画『ウルトラマンサーガ』のプロデューサーでもある北浦嗣巳監督


といった豪華ゲストをお迎えしてのトークショーも上映後にありました♪







今回は高樹さんセレクトによる


第 3 話 悪魔の預言 監督:村石宏實 脚本:小中千昭

第25話 悪魔の審判 監督:村石宏實 脚本:小中千昭

第37話 花     監督:実相寺昭雄 脚本:薩川昭夫

第22話 霧が来る  監督:北浦嗣巳 脚本:長谷川圭一


の4作品が上映され、第3話はHD版による上映でした。






HD版以外の3作品は劇場の大画面で見るにはかなり辛いものがありましたが(;^_^A


作品的には今観ても非常にクオリティの高い作品であることを再認識しました。




またCG全盛の現在ですが、北浦監督曰く、当時丁度CG技術が発達して来た頃だそうで


円谷お家芸のミニチュアワークとCGによる合成とが最初に融合された作品だったそうです。





一緒に参加した友人は、セブン以降の昭和の作品群には辛辣な意見を持っているのですが(;^_^A


こと、このティガに関しては非常に好意的な見方をしていて、辛口ファンの彼をしても


このティガはいい作品であるとの事でした(笑)。(何様だよ?!とか云う突っ込みはナシで(笑))








上映会後はお待ちかねのトークショー☆


なんと驚いたことにGUTSのお三方、当時自分たちがそれぞれ着用していた


ユニフォームで登壇されたんです!?





以前今は亡き“円谷倉庫”で1着展示してあったのは見ましたが


それぞれを15年間ちゃんと保管していたことも意外でしたが、


15年後にそれを着てまったく違和感がなかったのが驚いたのと同時に嬉しかったです!!


いやぁ~素晴らしいサプライズでした(o^-')b






トークの方は、当時如何に力を入れて作品を作っていたかといった話から


撮影中の裏話や、撮影以外・・・?の裏話(笑)


それに個々の隊員こと役者さん達の意外な素顔のことや


ココでは書けないようなことが沢山披露されました!!!(爆)




また今回は未公開のメイキング映像が上映されたんですが、


キャストの皆さんも袖でご覧になっていたようで、


高野さん曰く、羨ましいくらいキャストやスタッフの仲が良くて自分の撮影が終わっても


帰るのが本当に残念だった、自分もいつまでもこの輪の中に入っていたかった。。。


と思ったことを想い出したと仰っていらっしゃったのがとても印象的でした♪




b0087512_1992359.jpg


隊員の中でも一番の“硬派”で、ご本人の外見の印象も一番真面目そうに見える大滝さんが


実はチーム一のムードメーカーのようで面白い話が出るわ出るわ(笑)。


折角だから、こんど新宿ロフトなんかで集められるだけキャスト・スタッフを揃えて


長時間に渡って“濃ゆい”当時の話を是非とも聴いてみたいものです!


握手して頂いたとき大滝さんは、まだまだ凄い話がいっぱいあるって


仰っていらっしゃいましたので是非ともどなたか企画して頂きたいものですm(__)m

b0087512_1994211.jpg





最後に全員のゲストとの握手会でお開きとなりました!!




b0087512_1913524.jpg


今回も高樹さん綺麗だったなぁ~~~(#^.^#)



チラシ画像にあるように、4月8日に、名古屋・大阪・福岡でも上映会があるようです。

ただし、残念ながらトークショーは無いようです。。。
でも今回六本木で行われたトークショーのVTRを同時に上映するみたいですね♪♪
[PR]
by heroes-cafe | 2012-02-13 23:32 | HERO☆JUNREI | Comments(0)

昨年末12月のとある週末、ミニシアター「グリソムギャング」さんで行われた


ミラーマンの放送40周年を記念した上映会に行って来ました!



b0087512_16414489.jpg


鏡京太郎こと石田信之さんには2006年にミラーマンイベントにて


お逢いしたことがありましたが、御手洗朝子こと沢井孝子(現在は“澤井”表記)さん


にお逢い出来るとあって非常に楽しみにしていました!!







所属事務所様のHP画像で当時と変わらぬ近影は拝見しておりましたが


実物の澤井さんは本当にお綺麗で素敵な方でした!!(#^.^#)





石田さんも澤井さんにお逢いするのは撮影時以来、まさに40年ぶり!?だそうで


『(当時と)変わらないよネ♪♪』と云うお言葉が印象的でした。





b0087512_9244341.jpg



石田さんは07年に「さよならミラーマン」という回想記をお書きになってらっしゃいますが


偶然に当時の走り書きの日記が見つかったお陰で色々思い出すことが出来たと


仰ってらっしゃいましたが、澤井さんはやはり40年前のこととなると殆ど記憶が無いとの


ことでしたが、お二人で当時について語り合っているうちに少しづつ色々なお話が


飛び出して来ました。。。

b0087512_1411950.jpg







ちょうど撮影当時は大映が倒産した前後だったそうで、スタッフの多くはその大映から来た


映画仕込みの腕のいいスタッフが大勢いたそうです。





澤井さんも『決して子供向けとかいう感じではなく、非常に丁寧に作ってましたよね・・』。






今でこそ出演者はクランクアップするとスタッフから花束を贈られたりするのが


恒例のようですが当時はもちろんそんな風習などなく、しばらく(共演者)の顔を見ないなぁ~


とスタッフに問うともう次の(撮影)現場に移った。。。と云うのが常だったそうで


スタート時もしかり、打ち上げとかイベント的なものは何もなかったそうです。






石田さん曰く、澤井さんは父親役の御手洗博士こと宇佐美淳也さんのお気に入りだったそうで


非常に可愛がっていらしたと。




宇佐美さんは共演者の中でも一番年長者だったし映画界からいらした方だったので


常にスタッフ間に気を配ったり、ちょっとした演技指導などよく面倒をみて下さったそうです。







撮影当初、石田さんは遅刻が多く(笑)、みかねた制作側が撮影所近くの大蔵団地を借り


スタッフと一緒に住まわされてそこから通ったそうです♪






石田さんと澤井さんは恋人同士の設定で、よくテニスをするシーンがあったそうですが


撮影中にスクールに通ってひと通り習ったんだそうです!?








最終回の夕景のシーン・・・



アップのシーンは美セン(東宝ビルト)内の高速が見下ろせる空地でのロケで


髪の毛がチリチリ焼ける程のライトを当てられての撮影でよく覚えているそうです。




また激しいアクションシーンの連続で小さな怪我が撮影中は絶えなかったそうです。





  
他にも色々なお話を沢山お聞きしたんですが、ちょっと思い出せません?!

相変わらずとりとめのない文章でスミマセン((((;^_^A


b0087512_9264075.jpg


澤井さん!お目にかかれて本当に嬉しかったです!!


時折こうしてヲタクの前に現れてそのお綺麗なお姿を尊顔したいと思いますので


是非またこういったイベントに出演して下さいませ♪♪


本当に素敵な時間を有難うございました(o^-')b


澤井さんの最近の撮影のお仕事のひとつです♪♪


映像で見ると老けて見えますが実物はもっと若々しくってお綺麗な方です!!!






b0087512_16324723.jpg


画像掲載にあたり、澤井さんご本人に快くご許可を頂戴致しました。
改めて感謝申し上げます 有難う御座いました。

[PR]
by heroes-cafe | 2012-01-12 18:25 | HERO☆JUNREI | Comments(0)

日曜日、後楽園のシアターGロッソで特別公演が行われている


番組に出演しているゴーカイジャーの5人?が素顔で出演する戦隊ショーを


観に行ってきました!!


b0087512_15164555.jpg





いやぁ~~息子も居ないのにまさかイイ歳こいて戦隊ショーを


見に行くとは思ってもみませんでしたが(;^_^A


初体験のライヴショーはなかなか楽しかったです♪



b0087512_15182314.jpg



この戦隊ショー、以前はオープンシアターでもっと広々とした



ステージだったそうで火薬なども使ってかなり本格的だったようですが



天候等の諸々の事情で現在は遊園地の下?に作られた専用劇場での



公演に変わったそうです。。。




b0087512_15171086.jpg


当然ながらちびっ子の為の(;^_^Aショーですから


圧倒的に親子連れが多かったですがイケメンの赤や青、緑役のメンバー


目当ての女子も結構いてしかも彼らのいわゆる「コスプレ」をして


観に来ている姿が結構目につきました!?






舞台が狭い分、高さを使った演出でおそらく10m以上の高さから


頻繁に飛び降りたり、ワイヤーを使ったアクション・・・


それと映像をふんだんに取り入れたステージ構成となっていました。







まぁ当然のことながら専属の役者さんが日々訓練に訓練を重ねての


ショーだとは思いますがマスクしてあれだけのアクションは解っていても


驚嘆の一言でした!!素晴らしかったです(o^-')b



b0087512_15173861.jpg


さてさて、通常のショーとは違うTVと同じ役者さんが


素顔で登場する今回の特別公演。


五人がステージ上に現れた瞬間会場がどっと沸きましたが


当然登場することが分かってても


私も思わず『おお~~っ♪』っと声を上げてしまいました(苦笑)。






朝(笑)、TVに出てた彼らがそこに居るんだから


やっぱり感動するよネ!!(^_-)-☆


TVの撮影もまだ残ってるだろうしステージ用にアクションを


練習する時間も限られているせいか、出演時間も少なめで


アクションもかなり控えめなのがちょっと残念でしたし


変身後の声も別の方たち(アクションをしている本人?)なので


せめて声当てだけでも本人たちがやっていれば大分感じも違ったのでは?


と思いましたが。。。それでも、とても楽しかったです(^O^)





b0087512_15175988.jpg


終演後にアンコールと云う形で舞台に出て来た5人。


ひとりひとり一言づつ挨拶があり、“役”を演じつつ軽く冗談など


飛ばし合いながらも多少“地”の部分が出ていたような感じを受け


ここまで約一年間全員で作品を作り上げて来た


『チームワークの良さ☆』に好感が持てました♪♪




素朴な疑問なんだけど、どうしてシルバー役の子は出ないんだろう?


大人の事情なのかな?((((;^_^A







番組自体もエンディングへ向けますます盛り上がるでしょうし


映画もありますので彼らにはこれからも頑張って行って欲しいです!!


b0087512_15184812.jpg




それにしても。。。唯ちゃん可愛かったなぁ~~(#^.^#)


[PR]
by heroes-cafe | 2011-11-23 21:26 | HERO☆JUNREI | Comments(0)

現在絶賛放映中のスーパー戦隊シリーズの記念すべき第35作目の作品

海賊戦隊ゴーカイジャー!!




戦隊物は一番最初の『ゴレンジャー』をちょっと見てたくらいで

それからも全くと言っていいくらい見ていませんでした。。。。




でも今回はお祭り的な意味合いのシリーズという前宣伝もあったので

とりあえず放映開始からずっと見てました(笑)。


b0087512_023029.jpg
唯ちゃんのブログから拝借しました(;^_^A


放映当初から“ピンク”を演じる娘が可愛いなぁ~~って思って見てたんですが

ふとした時にその娘の事を調べたら、なんと長女と同い年ということが判明し

あ~~ 娘と同い年じゃ可愛いなんて言ってたら、こりゃ犯罪かなぁ~(笑)なんて考え

とりあえずおとなしくしてました(;^_^A




で、またある時友人にそんな話をしたときに、その友人が


『偶像=アイドルだから、別に(ファンでも)いいんじゃないの?!』って言ってくれて



そ~~かぁ~~ アイドルだからいいんだぁ~~♪♪



ってスイッチ入っちゃって(自爆)今日ついに握手会に参加して逢って来ちゃいました(^_^)v




b0087512_013564.jpg


いやぁ~~ やっぱり可愛かったなぁ~~唯ちゃん♪♪


b0087512_016059.jpg


唯ちゃ~ん、ゴーカイジャーの撮影いよいよラストスパートに向けて頑張って下さい!!

これからも応援してるからねぇ~~(^o^)丿

そうそう来週シアターGロッソ見に行くからネ~~~!!!

[PR]
by heroes-cafe | 2011-11-07 00:23 | HERO☆JUNREI | Comments(2)

読売ランドのミニシアター「ザ・グリソムギャング」で土日の二日間に渡り

平成版ガメラの製作スタッフ 金子修介監督、樋口真嗣特技監督、脚本伊藤和典氏を

お招きして行われた『ガメラ2 レギオン襲来』の上映会&トークショーに行って来ました!!


b0087512_159054.jpg



初日の8日は金子監督がまず登壇。



『何分15年も前の作品なので・・・』とわざわざ当時の制作日誌を持参していらっしゃいました。



オファーがあった当初から2本の脚本が出来ていたそうすが、どちらの本も“小さき勇者たち~”

のようなどちらかというと子供向けのコンセプトだったそうです。



しかしもっと大人向けというか本格的な特撮作品を考えていた監督は伊藤氏に脚本を依頼、

で、出来上がったものが平成三部作といわれる傑作群になったそうです♪



自衛隊の全面協力で自衛隊が“自衛隊”として登場することにより

非常にリアリティのあるシーンが次々と展開されますが空自から戦闘機の墜落

は“絶対にNG”というお達しだったそうで(陸自は何でもOKだったとか?!(笑))

有楽町マリオンに空自のF15が撃墜されて突っ込むというようなシーンを考えていたそうですが

許可が下りず、なら米軍の戦闘機なら大丈夫なんじゃないか?と打診したら

「例え米軍機でも国内を飛行するようなことがあれば我々はスクランブルをかけます!!」

キッパリと云われたそうでそれも実現しなかったそうです(苦笑)。


ガメラ2の主演・水野美紀さんの思い出やいろいろな撮影秘話等が時間の許す限り披露されました。



b0087512_1323648.jpg


この日はヒロイン・草薙浅黄の友人・雪乃としてガメラⅠ・Ⅱの2作に出演された

女優の坂野友香さんがスペシャルゲストとしていらっしゃり、当時の撮影裏話や監督との想いでなどを話して下さいました。



当時“絶叫シーン”が苦手だったそうですが、役者として出来ないとは言いたくなかったから(笑)、

生意気にも“演技論”を盾にして芝居をこなしたけど、自分の未熟さを解っていたので

なんと当時から一度も自分が出演した2本は見られなかった、と申し訳なさそうに

告白されていました♪


今回我々と一緒に出演依頼初めて作品をご覧になったそうです♪(;^_^A

b0087512_133346.jpg


当時の撮影の様子を身振り手振りを交えて話して下さり、ロケ先でスケジュールが押して

撮影が無くなった日は、喜び勇んで他の出演者と食事やカラオケに行った。。。など

なかなか面白い話がいろいろ披露されました(笑)。



坂野さん、なかなかチャーミングな方でした(^_-)-☆







翌日曜日は、特技監督の樋口真嗣氏と脚本の伊藤和典氏をお迎えして行われました♪

b0087512_1335078.jpg


お二人の作品参加については、伊藤氏は金子監督から電話で依頼があったそうで

『怪獣映画をやるんだけど、「ガメラ」なんです・・・・』と非常に申し訳なさそうな感じで

金子監督から依頼があったと仰られていました(笑)。



伊藤氏も『ガメラかぁ~』と一瞬考えたそうですが(笑)、ここで断ればこの先いつ怪獣物を

書けるか分からないかも?と判断し参加を決断したそうです。



『とにかくあの時はあふれるようにアイデアが浮かんで来た。。。』

と懐かしそうに仰っていました。





金子監督も同じようなことを仰っていたんですが、怪獣物として一つ下のランクにガメラを

置いていたお二人に対し真っ向から溢れる愛情を持ってぶつかったのが樋口監督でした!!



当時まだまだ駆け出しだった樋口監督は、制作の話を聞きつけ何が何でも参加したい、

特撮をやりたい!!とあらゆる手段を講じて(笑)、自分を売り込んだと回顧されていました。。。



自分で(特撮も)撮りたがっていた金子監督、ウルトラシリーズの重鎮・佐川和夫監督が

特撮を撮るという噂もあったし、何よりまだほとんど無名の自分をどうアピールしてチャンスを

掴むかと考えた末、伊藤氏のプッシュを取り付ければ何とかなるんじゃないかと

普段は絶対に使わない“お願いビーム”を沢山放ったと仰ってました(笑)。




もっとも伊藤氏は最初から樋口監督にやらせれば面白いものになるんじゃないかと考えていたそうで

おそらく自然な流れだったんだろうと思いますし、樋口監督がやったからこそ傑作に仕上がった

んだと思います!!



私は恥ずかしながらTVで最初にガメラ3を見たんですが、渋谷駅が破壊されるシーンを見て

度肝を抜かれ、思わず画面にすり寄って『日本にもこんな凄い特撮があったんだ?!』と驚愕し

見終わって直ぐにTSUTAYAをハシゴし“1”だけあったので借りてきて、

“2”はレンタル待ちを我慢出来ずわざわざDVDを買いました(;^_^A 

それくらい感動したことを今でも覚えています。。。




特撮に関しては低予算だったために止む無く“1”の時は東宝ビルトにオープンセットを組み

天候がダメなときはスタジオ内での撮影をし、ギャオスの夕日バックの東京タワーのカットは

1週間(夕日を)待ったんだそうです!?



『特撮の撮影には自然光はもちろんいいんだけど、雨が降ったときのことを考えると

雨=撮影中止、ではスケジュールも予算も厳しい・・・』




樋口監督は様々に「理想と現実のはざま」で葛藤されていたようです。。。


“2”以降はビルトでウルトラマンを撮るようになってしまったため、大映スタジオに舞台を

移したけどオープンが無いので、近所の日活撮影所の駐車場を借りて撮影所を行き来しながら

撮影したと仰っていらっしゃいました。




この頃って日活前の道をしょっちゅう仕事で通ってたんで、実はロケ中とか知らずに

通ってたんじゃないかなぁ~っと今更ながら思いました。




伊藤氏の理論的な解説による脚本のお話は非常に解りやすく、脚本家の仕事は

1つは、もちろんいい本を書くこと、2つめは素敵なセリフを散りばめること、

そして3つめはスタッフのモチベーションを上げること。

言葉は正確じゃないけど、こんなニュワンスの事を仰っていました♪




『博士と新聞記者は絶対に出さない!!』と決めていたという伊藤氏。


理由は書くと長くなるからあえて省略しますが、まぁいわゆる特撮物にありがちな博士役を

女性鳥類学者や科学館の女性学芸員といったつまりは“女性”にしたいうところがミソなようで、

“美少女好き”を自認する金子監督のモチベーションはこうして保たれたようです(笑)。




トークショーが始まってすぐ樋口監督が金子監督に向けて

『(俺らが来てるのに)今日は野郎二人だから、来ない!!」ってのは
どう云うことョ?!』



と言って場内を沸かせたことは言うまでもありません!(爆)



b0087512_134212.jpg


b0087512_1343899.jpg


金子監督、樋口監督、伊藤さん、そして坂野さん、楽しい時間を有難う御座いました。

ガメラ3も近いうちに上映会を開くということみたいですので是非また楽しいお話を

聞かせて下さい!その時は是非とも三人揃っての登壇をお願い致します!!


有難う御座いました(^_-)-☆


b0087512_13611100.jpg


b0087512_1362255.jpg

[PR]
by heroes-cafe | 2011-10-11 02:02 | HERO☆JUNREI | Comments(4)

昨日1年ぶりにワンフェスへ行って来ました♪


今回の目的はタイトルの桜井さんの最新の著書のサイン会。


b0087512_11571330.jpg



先週の木曜日に桜井さんが新しい本を上梓されたことを知り(;^_^A

ヲタクとしては、『ど~せ買うならやっぱりサイン入りが欲しいよなぁ~~!』っと思い

ネットで検索してみたら行き着いたのがM1号さんのサイトでした。


b0087512_1231496.jpg



ワンフェスは並ぶし、暑いし、遠いし、と出来るなら遠慮したいところでしたが

まぁ友人も居るし思い立ったらなんとやらで(笑)、遥々幕張まで遠征して来ました!





時間チョイ前にM1さんのブースに伺ったら丁度到着したばかりの桜井さんに遭遇!?

昨年の中島さんの出版記念パーティー以来約1年ぶり(?!)にお逢いしました☆


b0087512_1222992.jpg

サイン会前の桜井さん“寝起き顔でゴメンナサイ!?”とはご本人談(笑)



早い時間に伺えたのでまったりと写真も一緒に撮らせて頂きブースを後にしました。




丁度1週間前に古谷さんにお逢いしたのですが、その時に教えて頂いたのですが

8月14日新潟県の万代パビリオン


『ウルトラマン&ウルトラセブン スペシャルトークショー』


と題して

ハヤタ@黒部進さん、フジ@桜井浩子さん、ダン@森次晃嗣さん、そしてアマギ@古谷敏さん

の豪華な4人が集結してのトークイベントあるそうです!!



b0087512_1128260.jpg


限定品の販売もあるようだし、たぶんサイン会も行われるでしょうから

この4人がそろった色紙はかなりレアだとおもいますからお近くの方は、

是非お出かけになってウルトラヒーロー&ヒロインに逢って来て下さいませ♪



b0087512_1275820.jpg

著書購入者特典の5円引き風ブロマイド




桜井さ~ん、昨日はお暑い中有難う御座いました!
久しぶりにお目にかかれまして嬉しかったで~す!!

これからまた暑くなりそうですが、どうかお体ご自愛されて
新潟行もどうぞお気をつけて行ってらして下さい。




また会場でお目にかかりました皆様、挨拶もそこそこで大変失礼致しました。
皆様も暑さ厳しき折どうかお気をつけて下さいませm(__)m

またお会いしましょうねぇ~~(^O^)/
[PR]
by heroes-cafe | 2011-07-25 12:20 | HERO☆JUNREI | Comments(0)

日和山公園をあとにし、今度は仮面ライダー生みの親、石森章太郎先生のふるさと登米市へと向かったのでした。。。。。



訪問先は、南三陸町の方々が避難されている登米市公民館です。

b0087512_17282099.jpg




南三陸町・・・・・



女性職員の方が防災無線で最後の最後まで命の限り避難を呼びかけたあの町です。。。。。


ここに避難されている方々は震災当日10km以上の道のりを山を越えて徒歩でやって来たんそうです。。。。



現在は当時の半数ほどの方が避難所生活を余儀なくされていらっしゃるということですが、TV映像などで見知ってはいましたが、段ボールで仕切られた狭いプライベートも無い空間、立っているだけで汗が噴き出してくる劣悪な環境・・・正直かなりショックを受けました。。。。。


最近ようやくひと家庭に一台扇風機が貸し出されるようになったとの事ですが、これから暑さの本番を迎える訳ですから、皆さんの健康状態が懸念されます。。。。。



職員の方も、何とか盆前までには全員の仮設住宅への転居をと考えていらっしゃったそうですが、国がこの体たらくですから、遅々として復興計画が進まず、如何ともしがたいと嘆いてらっしゃいました。。。。。


b0087512_17334924.jpg


ココでも子供たちに文房具や“人生はサバイバル”という激励の思いを込めて藤岡さんが書を書かれたオリジナルTシャツ、避難所でも簡単に本格的な味わいのコーヒーを楽しんで頂きたいという思いから、大人の方へはこの日のために製造した『藤岡、珈琲』ドリップパックとお菓子などをお配りさせて頂きました♪

それと藤岡さんの被災地応援プロジェクトでの義援金を登米市市長さんに直接お渡しする事が出来ました!


避難所にいらっしゃる皆さんに気安く頑張って下さいなどとお声をかけることは憚られましたが、どうか皆さん体にお気を付けて何とかこれからの季節を乗り切って一日も早く元の生活に戻れるよう願っております。。。。

誠に微力ながら義援金等出来ることを長く続けていきたいと、気持ちを新たに持ちました!!






最後の最後、帰り道に石ノ森先生生誕の地に建つ、『石ノ森章太郎ふるさと記念館』へ寄って来ました。

b0087512_17293892.jpg


記念館のすぐ隣に先生の生家がまだ残っているのですが、先の震災で入り口の格子戸が全壊し無残にもブルーシートで覆われていました。。。

内部も特別に見せて頂きましたが、なにしろ明治時代に建てられた建物だそうで、今回の地震で梁がずれてしまったそうです!?

また一部漆喰も剥がれ落ち、修復には根本的な改修が必要なんだそうで、元通りにするにはかなり時間を要するだろうとの事でした。(現在は見学することは出来ません!!)


b0087512_17353885.jpg


また記念館の方は、現在は通常通り営業はしていますが、入り口に建つ、記念館のシンボル的な建築である土蔵は、先生の作品「八百八町表裏 化粧師」に登場する土蔵のモデルになっているらしいのですが、なまこ壁が剥がれ落ちこちらもシートに覆われていました。。。。

この土蔵も明治時代に建てられたんだそうで、内側の土が乾燥してしまっていて補修しようにも容易に行かないらしく、どうするか検討中なんだそうです!?

新しく作り変えてしまうことは簡単だけど、折角の“遺産”ですから残せるものなら残したいですよね・・・。



b0087512_17361635.jpg


小学生の時、肺炎になり1週間ほど入院したことがありました。そのとき親が買ってきてくれて読み耽ったマンガが文庫サイズの『サイボーグ009』でした♪

私にとっては石森マンガと云えば真っ先に浮かぶのが009!!

館内にある先生のパネルを眺めながら、小さな文庫本の中を華麗に飛び跳ねる島村ジョーに思いを馳せました。。。。。。(^_^)v

b0087512_17301263.jpg

『藤岡君、今回はよく来てくれたね!!ありがとう・・・』
こんな先生のお言葉が聞こえて来そうです♪




b0087512_1736545.jpg


子供のころに大きな影響を受け、いい大人になっても忘れられない『仮面ライダー』。

その仮面ライダーを演じた藤岡さんの、ほんの、ほんの微力ですがお手伝いが出来たことはファンの一人として大きな喜びとなりましたし、藤岡さんの支援活動を通じてちょっとでも被災地のお力になれていれば本当に来てよかったと思います。


私自身は特別何をしたと云う訳ではありませんが、自分の目で被災地の現状を見ることが出来たことはこれからの自分にとって大きな財産となったことは間違いありません。


実際に事あるごとにすぐに避難所の事が頭に浮かび、「大変な思いをしている方が大勢いるんだからこれくらいの事・・・」と思うようになりました。。。



これからも自分に出来ることを長く続けて行きたいし、この時の気持ちを忘れないようにしなければと強く思った今回の訪問でした。




石巻、登米でお世話になった皆様、本当に有難う御座いましたm(__)m

これからもどうか気持ちを強く持って頑張って下さい!!

私も微力ながら支援活動を続けて参ります!!!




そして藤岡さん♪

今回は1日ご一緒させて頂いても、特別お話をさせて頂く時間はありませんでしたが、移動の車中での藤岡さんの想いや嘆き、考え。。。ハンドルを握りながら背中にひしひしと“藤岡イズム”を感じさせて頂きました!!

ヲタク冥利に尽きる素晴らしい時間でした!!!


再び被災地へ行かれる時は、わたくしで良ければ喜んでまたお手伝いさせて頂きます∠(^O^)

お疲れ様でしたm(__)m


今後益々のご活躍を楽しみにしております♪
有難うございました!! 

合掌。(^_-)-☆

b0087512_17331420.jpg



おわり。。。
[PR]
by heroes-cafe | 2011-07-21 20:05 | HERO☆JUNREI | Comments(0)

1号ライダー像にこれからも石巻の人々に勇気と希望を与え続けて復興のシンボルとなるよう気持ちを託し
壊滅的な被害を受けた石ノ森萬画館へと向かいました。。。。

b0087512_15300100.jpg


ライダー像前のアーケード街は、綺麗に清掃されたおかげで一見するとほとんど被害がなかったように見受けられ、パッと見、悪い言い方をすると地方都市によく見られる“シャッター商店街”なのかな?といった風にさえ感じるほどある意味整然としているような雰囲気でしたが、この先、萬画館に向かって道を曲がった瞬間に風景が一変しました!?





道路は舗装がめくれ上がり砂利道が露出し、商店や民家の1F部分はほぼ壊滅。。。

中には家ごと傾いている建物や、すでに崩れ去ったところも沢山ありました。。。。

オーバーに言えば紛争地域の“廃墟”の様相を呈しているようでした。。。。。。。



所々、電気が通って無いようで、信号は警察官による手旗信号。

私は運転していましたので詳しく街の景色を観察する余裕はありませんでしたが、萬画館までの道中は本当に目を覆いたくなるような風景でした。。。。

b0087512_15371121.jpg



『石ノ森萬画館』は石巻湾に注ぐ旧北上川の河口近く“中瀬”と呼ばれ中洲にあります。


津波の影響はもろに受けたと思われますが、奇跡的に倒壊・破損を免れ建物そのものは無事でした!

しかしグッズ売り場や事務所があった1Fは浸水し壊滅的な被害を受けました。
震災当時は館内の皆さんは2、3Fへ避難し全員無事でした。石ノ森先生の原画等も2Fに展示してあったお蔭で被災を免れたそうです!!

b0087512_1531041.jpg

陸に押し上げられたままのボート

b0087512_15315423.jpg

無残な姿になってしまった橋


こちらも同じような3月28日に撮影されたパノラマ写真があります♪ こちらこちらです。


b0087512_15411142.jpg


ボランティアの皆さんの協力でここまで綺麗に片付いたそうですが、特別に見せて頂いた館内1Fには

b0087512_17201218.jpg


上半身のないキカイダ―像やロボコン像、壁面の破損した009のパネル。。。
何もないロビーはかえって被害の大きさを感じさせられました・・・。

b0087512_1721049.jpg


b0087512_1920333.jpg



今回ここ萬画館へ来たのはある目的がありました。

藤岡さん同様、被災地に思いを馳せ、萬画館の復興の為になにかお役に立ちたいと思っていた方が
いらっしゃいました。イラストレーターの菅原芳人さんです♪

b0087512_17215799.jpg

左が菅原さん♪今更お顔を隠さなくてもよいとは思いますが・・・(笑)


メディコムのパッケージイラストはじめ、バンダイファッションネットでの「菅原芳人計画」等で仮面ライダーとは深い関わりを持つ菅原さん!

藤岡さんが石巻へ行くという事を知り、折角なら仮面ライダーを演じた藤岡さんを通じて萬画館へ画を寄贈できないものかと関係者に打診し、様々な方が奔走した結果、今回このタイミングで寄贈が実現しました!!

b0087512_17225055.jpg

藤岡さんから萬画館館長西條氏へ




画像をご覧になって頂ければお分かりかと思いますが、巨大な画に本郷、ルリ子、藤兵衛、そしてもちろん旧1号をリスペクトした素晴らしい画でした!!!

b0087512_20334256.jpg

欠落した「萬」の字が痛々しい。よく見るとライダーも足が折れていました


本郷を演じた藤岡さんと一緒にこの素晴らしい画を見ることが出来た光栄に感謝です(#^.^#)


b0087512_17233689.jpg

復興への願いを込めて力強く・・・
『 仮面ライダー1号は永遠なり 』




街の復興もまだまだ始まったばかりの段階ですから萬画館の復活への道のりも厳しいとは思いますが、一日も早くこの素晴らしい画を大勢の方に見て頂きたいし、再び街興しの原動力となってくれることを切に願って次の目的地、日和山公園へ向かいました。






石巻の町が一望できる小高い丘陵地。

標高56mですが、きっと震災当日は大勢の方が避難して来たに違いないと思います。。。

丘の麓にも民家が沢山立ってましたが、震災の爪痕は殆ど見受けられませんでした。
いかに今回の災害が津波によるものだということがよく分かりました。。


丘の中心には『鹿島御児神社』が鎮座し石巻湾に向かって鳥居が立っています。

がしかし、その鳥居から湾を望むと。。。。まさに絶句せざるを得ない荒涼とした風景が見えました。。

b0087512_15402722.jpg


本当に言葉が出ませんでした。

藤岡さんたっての希望で、亡くなられた方々へ献花をし、合掌し祈りたいということでここへやって来ましたが、他にも大勢の方々が手を合わせに来ていらっしゃいました。

b0087512_17243837.jpg


私も手を合わせて来ましたが、謹んでご冥福をお祈り致します・・・・・



つづく。。。


b0087512_1725196.jpg

反対側からは萬画館が一望出来ましたが・・・

[PR]
by heroes-cafe | 2011-07-20 18:25 | HERO☆JUNREI | Comments(0)

7月3日 日曜日。

少々曇り気味の空模様でしたが“晴れ男”がこちらへ来ているせいか、日が差して来ました!!

ゆり子さんも“最強の晴れ女”だけど、やっぱり『持ってる方』は天気も味方にしちゃうんですね♪



前日ギリギリまで仕事だった藤岡隊長(;^_^A いや本郷 猛@藤岡さん!!


今回の藤岡さんの井出達は、ミリタリー調の上下にベスト着用といったまさに“サバイバル仕様”。

昨年の1月にスーフェスでお見かけして以来だから1年半ぶりでしたが、なんと直接お話しさせて頂くのは
2005年のCD発売時のイベント以来だから実に6年ぶりの再会でした!!!


仙台駅前で合流直後、藤岡さん直々にご挨拶を頂戴しましたが、間近で見る藤岡さんの満面の笑顔と
バリトンボイスにのっけからやられました(#^.^#)(爆)

そして藤岡さんを我が愛車にお迎えし、一路石巻を目指して出発!!


ハードな1日の始まりです。。。





三陸自動車道を使って石巻入りしましたが、途中警察や自衛隊の車輛と何度もすれ違い、ようやく被災地へやって来た実感が出て来ました。それと田んぼの緑の中に突如として現れる瓦礫の山も所々に点在し車に乗っている全員が同じような気持ちだったと思います・・・・




イベント会場である石巻駅前広場に着くと仮面ライダーショーが始まっていて、会場には大勢の方がお越しになっていました!!


b0087512_17173691.jpg

石巻の皆様、暑い中お集り頂き有難う御座いました。


ショーが終わりいよいよ藤岡さんの登場です♪

急遽MCを務めて下さることになったショッカーO野さん!

直前のショーに絡めて、『先程ここでショッカーと戦っていた一号ライダーが変身を解いてやって来てくれました!!』とアドリブとは思えない絶妙な紹介で颯爽と出てらした藤岡さん!!

トークでは石ノ森先生や仮面ライダーをリスペクトして世界中で愛されているというエピソードを紹介し、ヒーローは世界中どこへ行っても求められているんだ!!と滔々と熱く語って下さいました♪



トークの後はちびっ子に昔のちびっ子(笑)達お待ちかねの握手会!



事前の打ち合わせでは、遠巻きに写メを撮られるのは構わないけど、お一人お一人と記念撮影をしてしまうと後の予定がNGになってしまうし、この後予定されているここでのイベントにも影響を及ぼしてしまうので、申し訳ないけど今回はご容赦頂こう。。。そういう話し合いがありました。


が、しかし、、、、藤岡さん一番最初に並んでいたちびっ子の頭を撫でてあげそのまま抱っこしてしまったんです(((((((;^_^A(車中でも子供たちの事をず~っと気にされていたから、思わず自然に体が反応してしまったんでしょうね・・)



我々スタッフが“あっ!?”っと思った瞬間にすでにちびっ子のお父様がすかさずパシャリ(^_-)-☆ってお撮りになられたんで、もう流れで全員の方々と大記念撮影大会!!(苦笑)。。。





仕方ないよネ!(~_~;)

私も藤岡さんとツーショット撮りたいもん!!(爆)。

でも抱っこされてるちびっ子本人はあまりピンと来ないようで、むしろ親御さんが興奮されていたようでした(^O^) こんなチャンス滅多にないもんネ♪♪ 



思い出も何もかも津波で流され、写真も随分と流失してしまった方が多くいらっしゃると思いますので、この日の記念の一枚が新たな思い出づくりのスタートになればこんな嬉しいことはないと思います!!!


b0087512_9263783.jpg

スタッフ総出で準備。皆様にお配りしたお米です!


私は藤岡さんの脇で、お米を渡したり文房具を手渡したりさせて頂きましたが、興奮しながら帰られていく皆さんを見送りながら、早く立ち直って頂きたいと願うばかりでした。。。。。


ちなみに文房具用品は藤岡さんの公式HP内「藤岡弘の侍塾 被災地応援プロジェクト」でファンの皆さんから寄せて頂いた分に藤岡さんがさらに足りないものを補充し、支援品として届けたものでした!!

皆さんの善意をきちんと被災地へ届けることが出来て本当によかったと思います(o^-')b

b0087512_15252521.jpg

囲み取材を受ける藤岡さん。この模様はこちら


最後の最後の方まで握手し、次に向かった先は津波に耐えた1号像を労いに行きました♪



b0087512_15273953.jpg



まずこのリンク先をご覧になって下さい⇒ここをクリック!


震災から17日後、3月28日に撮影されたパノラマ写真です。
石巻駅から萬画館へつづく商店街通りには数々の石ノ森キャラの像が点在して街を盛り上げているんですが
比較的多くの像が津波に耐え無事だったようですが、リンク先の画像の通りライダー像の周りも
大変な状況になっていました。むしろ破損せず無傷で残ったことの方が奇跡だと思います!!

b0087512_95634.jpg

復興の願いよ届け!!奇跡のダブル変身♪


で、その知らせを聞いた藤岡さんがいわば自分の分身でもある1号を労い、是非ともこれからは
復興のシンボルとして役立って行って欲しいと、最近ではめったに披露されないそうですが
今回は特別に想いを込めて、そして勇気と復興の願いをさらに込めて、渾身の“変身”ポーズを極めてくれました!!



これから現地で長く続く、闘いの日々。。。。

街の皆さんがこのライダー達から元気と勇気を貰って復興を遂げてくれることを願ってます!!!

b0087512_1727916.jpg

皆さんの努力でここまで綺麗になったんですね!



つづく。。。







前日、仙台駅の物産店で見つけた『味噌ホルモン』珍味。


b0087512_22463470.jpg


石巻市の老舗味噌屋さん(株)高砂長寿味噌本舗さんが製造元!

輪ゴムで留めてあったミニチラシにはこう書いてありました・・・


『猛波を被りながらも、この像は震災前と変わらぬ
たたずまいを見せています。
架空のヒーローの強さは本物だったのか、
その力で人々を元気づけて、
町の復興に活躍してくれることでしょう。』



けっぱれ石巻!!
[PR]
by heroes-cafe | 2011-07-19 20:27 | HERO☆JUNREI | Comments(0)
HEROES☆CAFEへようこそ♪ 幼い頃に出逢ったヒーローやヒロインにもう一度逢いに行きませんか・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31