カテゴリ:HERO☆JUNREI( 100 )

当時『マガジンZ』という月間コミック誌を毎月楽しみに読んでいた。村枝賢一氏が描く''『仮面ライダーSPIRITS』が連載されていたのだ。そのコミック誌巻末の小さな告知記事に偶然目が行った。記事は“戦闘員日記”というショッカーの一戦闘員を主人公にしたお芝居が近々上演されるといった内容であった。演出がなんと大野剣友会の岡田勝氏 で共同演出がもう1人のライダー生みの親 、平山亨・元東映プロデューサー。そして出演者の名前を見てさらに驚愕した!

『 佐々木 剛、千波丈太郎。。。 』

佐々木剛・・・・そう、彼こそ『変身!』と言って当時の少年を虜にしその後のライダーブームを生んだ一文字隼人その人なのである!!


本郷猛に出逢ってから2年後、2001年の2月の出来事であった・・・。
b0087512_15483053.jpg



今から遡る事8年前の1998年、「一文字隼人 仮面ライダー2号伝説」(白夜書房刊)と云う一冊の本が出版された。著者はもちろん佐々木剛氏。

1号こと藤岡氏は『特捜最前線』と言ったTVドラマや数々の映画等でライダー以降の活躍を知っていたので、ああ現役で役者さんを演られているのだなぁ~っと思っていたが、2号の佐々木氏と来たらメディアでの露出が全然だったので、この世界ではよくある『一発屋』な役者で終わってしまったんだぁ・・と勝手に思っていたのだが氏の著書を読んでようやく芸能界から消えた理由が判った。

詳しくは著書を読んで頂きたが、ストーブの消し忘れから火事を起こし全身に大火傷を負ってしまい、当然役者としての命ともいえる“顔”にも皮膚移植が必要なほどの火傷を負い役者を断念していたのだった。その後は警備員や焼き芋屋、竿竹売りなどをしていたそうだ。道理でTVで見かけなかったわけだ。

がしかし友人である俳優の石橋正次氏の手助けにより役者に復帰、数々の苦労を乗り越え再び俳優・佐々木剛として、そして一文字隼人として我々の前に帰ってきたのであった!!


そんな佐々木氏が『一文字隼人』として舞台に立つ!
こんなチャンスは二度とないかもしれないと思い芝居のチケットをすぐに予約した♪


『今度は隼人兄ちゃんに逢える・・・!!』

b0087512_14352326.jpg
チケットを手配して下さった関係者の方から時間があれば佐々木さんからサインをして頂けると伺っていたので、何を持っていくかを考えるだけでワクワクしていた(笑)。

それともう1人、アンチヒーロー。
'右手に斧を持ち、左手には盾。
そして『仮面ラ~イダ、V3』と変なイントネーションで
強烈なインパクトを我々に与えたデストロンの大幹部『ドクトルG』
を演じられた千波丈太郎さんにも逢えるのだ!!

b0087512_14341710.jpg

再び夢のような時間が訪れようとしていた♪


Part2へつづく。。。
[PR]
by heroes-cafe | 2006-01-15 14:37 | HERO☆JUNREI | Comments(0)

いよいよ3度目、柏崎。

限定品販売会場に入るとサイン済みの見本が置いてあり、商品をチョイスしお金を払って受け取ると、胸像とソフビセットは黒塗りの台座に、ピーターのソフビは色紙を貰いそれにサインをしていただくといった流れでした。

テーブルには、手前から満田監督、森次さん、そして桜井さんの順に座ってらっしゃいました。

b0087512_18411633.jpg今回のイベントは満田監督をフィーチャーしたイベントで販売された関連グッズもピーターなどQ物もありましたが、セブンを中心にしたものが多かった為、サインをするのも監督とダンがほとんどで桜井さんはどことなく手持ち無沙汰の様子でした(笑)。 
で本当は持ち込みの物にはサインはNGって言われてたんですが、そこはそれ手が空いていた桜井さんの前にダンを通り越して行き(笑)、

桜井さんはセブンには出演していないので・・・あれ?出てた・・・・っけ?(爆)→



『本当はサインダメって言われたんですが・・・』
そう云いながら2体のソフビを差し出す。
b0087512_18463689.jpg

『あら?そうなの?!』 横にいてサイン会を仕切っていたM1号の西村さんが私が持ってきたM1のフジアキコソフビを指差し『そっちは許す!!』(笑)。そしてもう一体のマーミット製の同じフジ隊員ソフビを手に取りながら『こっちはなぁ~・・・』『でもこれヘンだよっ?』『なぁ?これおかしいよなぁ?!』そう云ってスタッフの方にも問いかけていた。でもそう云いながらも顔は笑ってました♪
b0087512_18471911.jpg


b0087512_1924342.jpg
サササっとサインを二つともして下さり、カメラを向けるとサインしたばかりの“M1号” のソフビを持ってポーズしてくれました。

『あの~一緒に撮って頂いてもいいですか?』


b0087512_1941541.jpg
『じゃぁこっちいらっしゃいよ♪』


b0087512_191680.jpg
M1号のブースはコの字型にセッティングされていて、桜井さんはちょうど角の部分のテーブルの端に座っていらしたので、デジカメを一緒に行った娘に渡し、脇から中へ入れていただき横にしゃがみ込んで『ピース(^_^)v』

視線はカメラに向けたまま
『桜井さんにお逢いするの今年これで3回目なんです!』


『覚えてるわよ~♪』



女優さんはお世辞が上手い(笑)。でも素人は馬鹿だから分かっていても嬉しい(爆)

娘がカメラマンだったので撮った画像に一抹の不安はあったがモニターで確認し良く撮れている様に見えたし後続の方のことも考え善しとした。

b0087512_190789.jpg『森次さんとはいいの?』

『え、でも・・いいですかぁ~?!』(爆)

お心遣いに感謝しダンともパチリ☆


『本当にありがとう御座いました』
『また東京でお逢いしましょネ♪』

握手をして頂きこうして3度目は終わるはずだったのだが、車に荷物を置きに戻りハッと思い出した!昨日佐渡で地元では有名らしい『北雪酒造』と云うところの地酒を3人にお土産にお渡ししようとして買ってきたのをうっかり渡し忘れていたのだ!!

慌てて踵を返し建物に戻る。

『さ、桜井さん!!あのこれ昨日佐渡に行ったんで、お土産に、どうぞ♪』
『えっ!あら~いつもいつもスイマセンねぇ~~。』
『後で皆で分けさせていただきます~ぅ♪本当にありがとう御座いました。』

(へぇ?初めてお渡しするんですが・・・・まぁいいか・・・)
『あっ、いえ、そんなたいしたもんじゃないんで・・・(汗)』

桜井さんの笑顔に別れを告げ今度こそ3度目終了。目的は達せられたのだった(笑)。

本当はもっと高めのお酒を差し上げたかったのだが、何せ“限定品”が頭にあったので本当に“気持ち”だけになってしまったのが心苦しい。今度はもう少しいいものを差し上げたいものだ!


帰ってきて撮った画像をPCで確認すると、案の定画像がブレていた!!(笑)

『また東京で・・・』と仰っていただいたので4度目に期待しよう・・・。
先日のマックスでの“ドリフばり”の爆発ヘアについても本人談を是非伺ってみたいし(爆)


<編集後記>
つい先日半年振りにお会い出来たにもかかわらず聞くの忘れた(爆)。
いやぁ~何度お会いしても姉御肌のキップのイイお姉さんだ(笑)。
また逢えるといいなぁ~☆

[PR]
by heroes-cafe | 2005-10-19 01:11 | HERO☆JUNREI | Comments(0)

b0087512_17395546.jpgウルトラマン、ウルトラセブン、そして帰ってきたウルトラマン。

実はつい最近まで私が知っているウルトラシリーズはこの3つだけであった(汗)。


本来ならこれに『ウルトラQ』加わっていなければいけないのだが恥ずかしながらこの歳になるまで一度も目にした事がなかった。 どうせ“ヒーロー”が出てこないし、白黒だし、ロクに怪獣も出ないつまらない作品なんだ。


ず~っとそう思ってたのだ!本当に!?

1年ほど前に『ウルトラシリーズ トライアル・エディション 』というDVDをなんとなく買ったのだが、ココにQの作品ケムール人が出てくる “2020年の挑戦” が収録されていた。

ところが見てビックリ、話の内容がとても面白かった。

またDVD化にあたり映像をブラッシュアップしたせいか非常に綺麗な画面で、特撮処理も白黒映像と相まってとても自然に見えた。

はっきり云ってショックだった!こんな面白い作品だったらもっと早く見とくんだったと。
b0087512_17565510.jpg

そしてもうひとつ非常に印象に残ったのが、
江戸川由利子を演じる桜井浩子さんであった。

ウルトラマンを見ている訳だから桜井さんの事は随分前から知っていたわけなのだが、そこにいる桜井さんはフジアキコ隊員とは全然ちがい、明るく溌剌としていて輝いていた!

『桜井浩子ってなんて可愛いいんだぁ~♪』
そう思ったのである!

まぁ実際には私が見た由利ちゃんは40年近くも前の映像であるわけだから今の由利ちゃんは+39歳な訳で(汗)、それなりに “人生経験” をつまれてるわけでして(冷汗)、メディア等で今の由利ちゃんのお姿は当然知っておりましたが、やはりそれでも逢ってみたいと思いまして、一番最初に足を運んだのが今年6月にHMV渋谷で行われたイベントでした。

この時はさすがに初めてお逢いするとあって、多少緊張しましたがサインをいただくために正面に立ったとき桜井さんの方から

『どうもありがとう☆』
と先に声を掛けてくださり非常に嬉しかったのを覚えています。

2度目が同じHMVのイベントで8月にあった(以前ココに書きました)のですが、この時は

b0087512_17594193.jpg『マックス見てます!!』
ってお声をお掛けしたら

『ありがと~~~♪もーー老骨に鞭打って大変なんだけどネ(笑)。ほんとはもっと若い時に呼んでくれればよかったんだけどねぇ~~!でもヨロシクネ☆』

と下町のオバちゃんのようでしたが(爆)、飾らない雰囲気がとても素敵でした♪

1年のうちに2度もお目にかかれたのですが、HMVのイベントは残念ながら撮影が禁止なのでど~しても桜井さんとの2ショット写真が欲しかったので、色々考えた末、今回の柏崎行きを決めました。だから先日の柏崎行きは桜井さんと写真を撮るためでもあったのです♪(汗)。


ちょっと長くなりそうなので後半へ続く。。。(皆さん毎度毎度すんません
[PR]
by heroes-cafe | 2005-10-18 21:36 | HERO☆JUNREI | Comments(0)

b0087512_1627046.jpg
いやぁ~とにかく感動した♪

仮面ライダーもそうだが、やはり 『変身!』 云うものには特別の思い入れがある。藤岡さんの時は舞い上がりすぎて忘れてしまっていたが、今回は一応作戦を練っていったので本当に良かった♪今思い返しても本当に幸せな瞬間であった。

ぼ~っとしてる間に準備も整い、お待ち兼ねの2ショット撮影。先程の“アイ”を右手に構え、反対の端をダンにも持ってもらって 、“ガシッ”と肩を抱いてくれ・・・私には“あちら”の趣味は無いが(笑)、肩を抱いてもらうとなぜか童心に帰ったような気がした・・・ハイ、ポーズ☆。

アイを受け取り、硬く握手をして頂き、とりあえず一連の儀式は終了した。

頂いたサインや小道具をしまう手が少々震えていた(笑)。
写真が出来上がるまで時間があるので~当日は車で来ていたので止めたコインパーキングへ荷物を置きに行く事にした。店を出てパーキングへ向かいながら自然と顔がニヤケてくる(爆)。

ヤッタゼ♪オイ!! 
変身ポーズ、目の前で見ちゃったよ~~~♪(#^.^#)


お宝を置き再びお店へ戻ってきたが、なかなか写真が出来上がらない。

b0087512_16275510.jpgサインもひと通り全員終わったようで、ダンも手持ち無沙汰の様子。そこで急遽待ち時間を利用してミニトークショウとなりました。スタッフの方から 『何か質問、ダンに聞いてみたいことありますかぁ~』 って声が上がったんですが皆遠慮して質問が出ない。私もせっかくのチャンスなので質問をと思ったのだが、何を聞いていいか思い浮かばない(笑)。

「セブンの中で好きな話は?」・・・ダメだッ、確かコレは本に書いてあった。

「森次さんにとってセブンとは?」・・・あ~なんか、ワザとらしいなぁ~。ダメだ、ダメ。

「好きな食べ物は??」・・・そんな事聞いてど~すんだよ、ボケ!!

もたもたしていると、チビッコから質問が飛び出した♪

『好きな食べ物はなんですか?』
(きたーやっぱりチビッコらしいな~~(笑))

するとダンは答える前に 『キミは何が好きなの?』 と切り替えした。

チ『ハンバーグとカレー♪』
う~ん、チビッコらしい実に可愛い答えだ!!

ダ『ハンバーグはどうやって作るか知ってるかぁ?』

チ『・・・・・』

ダ『ハンバーグはねぇ、・・・・・・・以下省略(笑)。』

そう云ってダンは滔滔とハンバーグの作り方をチビッコに話して聞かせた♪ さすがはジョリー・シャポーのメインシェフだけの事はある(爆)。

b0087512_0443949.jpgそんな和やかな雰囲気の中で待っていたが、ようやく写真が出来上がりサインを入れてもらう。
ついでにダンの著書にもサインを頂き、もう一度握手をして頂き丁重に礼を述べてモロボシ・ダンに別れを告げた。


1時間ほど同じ空気を吸っていたが、私の目の前いたヒーローは紛れもなくあのウルトラ警備隊の 『モロボシ・ダン』 その人でした!!


※茶色のスーツを着た写真は昨年秋の柏崎のイベントの時のものです♪

<編集後記>
森次さんには都合2回お会いしたがいつお会いしても『モロボシ・ダン』でした。

やはりあの『デュアッ』って掛け声?は森次さんにしか出来ないまさにTVの中で叫んでいたまんまでした(笑)。

この夏にはアンヌと一緒のイベントもありますのでどんな話が飛び出すかとても楽しみですね♪

[PR]
by heroes-cafe | 2005-09-20 19:11 | HERO☆JUNREI | Comments(0)

森次さんは神奈川県は藤沢と云うところで食事が出来てシャンソンライヴが聞ける『ジョリー・シャポー』というお店をやっていらして、時々御自身も厨房に立ちウルトラガンを包丁に持ち替え、自らお客様に料理をお出ししたりしていらっしゃいます。

また、月1回ウルトラアイの代わりに今度はマイクを持ち、自慢ののどで“シャンソン”を披露していらっしゃいます。ですからそのお店に行けばかなりの確率で“ダン”に逢え、尚且つダンが作った料理を堪能しながらダンの歌も聴けると云うまさにウルトラ冥利に尽きるお店なのですが、ただ、いつ行けばいらっしゃるのかが判らない為、行くのは二の足を踏んでいました。
b0087512_019648.jpg

また一時期、同じ神奈川県の海老名と云うところに 『K’s HOBBY』 と云うプライズやガシャポンを扱うお店があり、そのお店には随分とお世話になったのですが、どうやらのお店のオーナーは森次さんか(店名のK’s=コウジズ?)あるいは森次さんに近い方だったようで、コーナーの一角にサイン入のウルトラグッズが置いてあったりして、割と近くにダンは居たのですが、残念ながら御本人に逢うまでには至りませんでした。

そしてそれはちょうど1年チョッと前の5月30日のことでした。
『T★A★G』さんというプライズや食玩そして森次グッズを扱うお店が新装オープンを記念してダンのサイン会を開催すると云う情報をキャッチ!比較的自宅からも近く日曜日と云うこともあって参戦を計画、営業で近くを通っていたこともあり、早速偵察に行く事にしました。

そのお店はビルの2階にあり、入って直ぐにセブンコーナーとなっており数種類のウルトラアイやキーホルダー類などが展示販売されていて、一際目を引いたのが沢山のウルトラアイがディスプレイしてあるステンレスパネルでした。もちろんダンのサインなども飾ってありマニアのハートをくすぐるようなお店でした。ただ残念ながらこちらのお店は既に閉店してしまいました。世の中厳しいですネェ~~。


さていよいよその日がやって来た。

緊張と期待が入り混じり多少顔が紅潮しているのが自分でも判った。
階段を上がり店内へ入ると、もう既にそこそこの人が~おっさんから小さな子供まで(笑)~集まっていた。

そして更に奥へ視線を移すと・・・

おお~っ!“ダン”だぁ~~~


その日のダンは、日焼けして浅黒く、髪をオールバックに撫で付け、上下白のスポーツウエアに黒のスニーカーと言う出で立ちであった。

まっ、まさか藤沢からMTBで来たのか?!

自宅近くの海岸をサイクリング云々という事がダンの著書に書いてあったような気がしたので、マジでそう思いました(笑)。

ついに“風来坊”モロボシ・ダンに逢うことが出来たのです・・・♪


SHOPにはダンの他にも事務所のスタッフ?と思しき方が何名かいらしていた。およそ30名ほどのファンがいたであろうか、皆嬉々としているのがわかる。今回はサインのほかにツーショット撮影もOKだったので、ひとつ小道具を用意してきた。ダンがそれに付き合ってくれるかどうかは不明であったが藤岡さんの時の教訓を生かし準備万端でやってきたのだ(笑)。

いよいよイベント開始時刻の1時となる。
店主の挨拶の後、スタッフより紹介がありダンの挨拶が始まった。集まってくれたファンへの礼と店主とダンとの間柄の説明、そして今日は普段のサイン会では時間の都合上やらないそうなのだが色紙に落款を押してくれるとの事。また写真にもサインを入れてくれるとの事であった。ラッキー!!

ダンの挨拶が終わりサイン会が始まった。
先ずは色紙にサイン、そのあと自分で持ってきたものにサインを貰い最後に写真撮影と云う流れであった。皆それぞれに思い入れのあるものを持って並んでいる。セブンのソフビやフィギュア あるいは書籍やDVD。大手主催のサイン会ではないので、実にリラックスした感じでとても和やかであった。
b0087512_0194757.jpg

さあいよいよ私の番である。

まずは色紙にサイン。名前を入れて下さり、お約束の落款を押していただいた♪
次に持参のものにサインを頂く。散々迷った挙句、私はDVDの販促ポスターを用意していった。物が大きいため、サインも大きめにスルスルっと書いてくれた。

b0087512_0202317.jpgダンがサインをしてくれてる間、用意してきた小道具をカバンから取り出そうとしていたら

お~~、なんか出すぞーーー♪


店じゅうに聞こえるようなデカイ声でダンが叫んだ。



サインしながらも小道具を出す瞬間をダンにしっかり見られていたのだ(汗)。

サインが終わるとツーショット撮影である。写真はスタッフの方持参の一眼レフタイプのデジカメでの撮影で何枚か撮るとメモリーカード交換して即プリントアウトしてサインをと云う流れであった。

が、そこで運良く?!カード交換。暫く間が空いたのだ!

(え~い、一か八か頼んでみるかぁーーー!!)


すかさず私は取り出した小道具・・・ 『ウルトラアイ』 を差し出しながら、

あの~、変身ポーズ見せていただけませんか?


するとダンはにっこり笑ってウルトラアイを受け取り立ち上がった!


b0087512_0211392.jpg
ウルトラアイを右手に持ち、左腕を斜め30度位に構え一瞬“間”を置く。
それからアイを持った右腕をいったん前方に伸ばしそして顔に引き寄せ着眼。



デュアッ!!


腰が抜けそうになった。目の前でダンがウルトラセブンに変身したのだ!!!
テレビの見ていたのとおんなじだっ。しかも“生”でだ。鳥肌が立つほどシビレタ(笑)。

その場にいたファンからどよめきと拍手が起こった♪

Part2へつづく。。。

※ウルトラアイを持っているダンの写真は、『西へVer.』 アイを買ったときに付いていたものです。着ている洋服は『平成セブン』の時の衣装にも見えますが・・・?!
このアイもビデオの中でダンが使っているバージョンですよね♪

[PR]
by heroes-cafe | 2005-09-15 09:49 | HERO☆JUNREI | Comments(4)

今日、HMV渋谷にて行われた、
『DVDウルトラQ コレクターズBOX』発売記念トーク&サイン会に行ってきました。

イベントは“恒例”になりつつあるコントいや、ショートドラマから幕を開けました。

今回は『セミ人間』が現れたのですが、セミ人間に変身する前の例の“遊星人”と揉み合いになる場面があり佐原さんが相手を恫喝するようなシーンがあったんですが、さすが役者さん、声が通っていて迫力満点♪

佐原さんの生演技が見れただけでも来た甲斐がありました。

一通り芝居が終わりマスコミ向けに撮影会となったんですが、どこかのカメラマンが有名な万条目が一平、由利子を両手でかばうシーン(佐原さん著書表紙)をリクエストし、その上『相手をにらむような感じでお願いします!』って頼んだら3人一瞬にして顔が“キッ”と演技が入り一同感心する場面もありました。
b0087512_2132846.jpg
佐原さんの著書の表裏紙の画像です。40年近い時間の流れが・・・


撮影会の後は司会のお姉さんを挟んでのトークショーが始まり、色々な裏話が披露されました。

ひとつ印象に残ったのは、裏話ではないのですがお姉さんが最近のウルトラシリーズについて感想を求めた時、桜井さんが横から

『健ちゃんはネクサスに出てたのよ!』

って云った後、佐原さんご本人が口ごもりながら、

『本当はこんなこと言っちゃいけないのかもしれないけど怪獣が良くないよね!』

『なんかこう、愛嬌が無いって言うか・・・Qの時はどこか皆そういうものがあったもん♪』

『やっぱり円谷英二さんがそういう(愛嬌の無い)ものを作らせなかったんじゃないのかぁ・・・ 』

って仰ったんですよ。そしたら桜井さんが申し訳なさそうに、

『で、原点回帰って訳じゃないけど今度のヤツはピグモンも出ますし、隊員なんかと会話もしたりしますんで円谷を代表して○×△●▼※

という一幕がありました。

サイン会の前にHMV恒例の抽選会があり、今回もM1号特製のソフビの置物が10人に抽選でプレゼントされたのですが、なんと座っていた私の両隣が抽選されるというなんとも複雑な気分を味わいました(大泣)。

b0087512_21341534.jpg
サイン会では、西條さん、佐原さん、桜井さんの順でサインを頂いたのですが、
まず西條さんにサイン後握手を求めると

『おっ、今日は有難うナッ!!』

って “江戸っ子でキップのいいおじさん”って感じでありました。

佐原さんは非常に紳士然としていて本当にカッコイイ方でした!
ニコッと笑ってガッチリ握手してくれました! 今でも笑顔の素敵なハンサムボーイです!!

桜井さんは非常に口数の多い“おばちゃん(ごめんなさい!)”って感じなんですが、でも常に気配りの人で実に細やかな方でした。『マックス見てます!!』ってお声を掛けたら

『ありがと~っ♪もう老骨に鞭打って大変なんだけど・・・ほんとはもっと若い時呼んでくれれば良かったんだけどねぇ・・・でも宜しくね(^_-)-☆』

って今回は2度も握手をして頂きました。嬉しかった~♪

サインを頂いたお礼に本の宣伝ですが、佐原健二さんがこの度役者人生50年を記念して本を出版されました。

『素晴らしき“特撮”人生』というタイトルで小学館より税込み¥1,680で発売中です!!

『ゴジラ』『ラドン』『ウルトラQ』『ウルトラセブン』―
日本の特撮は、俳優・佐原健二なしには何も語れない!! ~帯宣伝文より~

とあるように様々な特撮の舞台裏が語られています。是非皆さんも読んでみてください!!


佐原さん、西條さん、桜井さん 今日は本当にありがとう御座いました。
短い時間でしたが、大好きな特撮のヒーロー・ヒロインにお会いすることが出来、 また幸せな気分に浸ることが出来ました。これからもお元気で頑張ってください!!


そうだ!西條さんがこんな素敵なことを仰っていたのを忘れるところでした。

『このDVDをみて小さかった頃を思い出し、そしてその無邪気で楽しかった頃に立ち返ればきっと何か見えてくるよ!!そうすればまた一歩先に進めるんじゃないかな?!そんな風にまた見てくれれば嬉しいな♪オレはそう思うよッ!!』



<編集後記☆>
ウルトラQはモノクロ作品であり、私の生まれる前に誕生した作品です。そんな過去の作品をDVDという現在最高の記録媒体で見られることも幸せなことですが、それ以上に作品の主役3人に直接お会いして触れ合うことが出来たことは本当にラッキーなことだったとつくづく思いながら再編集をしていた次第でありました♪。

[PR]
by heroes-cafe | 2005-08-06 11:41 | HERO☆JUNREI | Comments(2)

とにかく嬉しかった!
目の前にあの猛兄ちゃんがいるのだから!! 思わず涙が出そうになった(恥)。

お逢いしたのは2月だったので、藤岡さんは ブルーのデニムシャツの上にブルーの皮のブルゾンを羽織り、下はジーンズに黒のブーツ。まさに“本郷猛”であった。

さぁ どれにサインしようか?

そう云って緊張気味の私をやさしく促してくれた。
早速私はあるものを取り出し『これにお願いします!』と先ず一つめものものを差し出した。

ブログ右上にある『本郷猛の真実』というやつ!
b0087512_15543245.jpg

おお!嬉しいな~ぁ♪ 読んでくれたんだ~~、いゃ嬉しいなぁ~~♪♪

そう私が最初にサインをお願いした物は、ちょうど同じ2月に発売になったばかりだった藤岡さんの初めての著書『仮面ライダー 本郷猛の真実』であった。
別に狙って最初に出した訳ではなかったのだが読んでくれた事が嬉しかったようで、とても喜んで下さった。

モーターホーム前に設置されていたキャンプ用のテーブルに移動して即席サイン会が始まった。
驚いた事に様々な大きさ、太さのマジックを沢山持っていらした。

そ~だ!名前を入れてあげよう!!

うぉーーーーーー本郷猛が俺の名前を書いてるーーーーーー!
しかも“心より感謝”だって!!ど――――するよ、おい!!!

凄く嬉しかった~♪

次に差し出した物はフルコンプしたアマダのトレカ『1号2号編』アルバム1冊であった。
アルバムを開いてページをパラパラめくりながら
b0087512_15585388.jpg
見開き左側に藤岡さんのサインが。そして反対・右側には・・・♪

なつかしいなぁ~~ いゃ凄いなぁ~~ よく集めたネェ~~

そうなのだ。猛兄ちゃんは感動の人なのだ!!(笑)。
カードを一通り見た後、見開きに大きくサインを入れてくれた!

そして最後にお願いした物は、今でこそメディアとしての価値は“0”になってしまったが、その当時15万もの大枚を叩いて買ったLD‐BOXセットのジュラルミン風ケースだった。
b0087512_1614527.jpg
正面はもちろん藤岡さん、それから裏と左右にもライダー関係者のサインが入っている♪

おっ、う~~ん これにサインした事はないなぁ~~

そうなのだ。猛兄ちゃんは一つ一つサインした物を覚えているのだ!!


ひと通りサインを頂き先程の可愛らしい女性(マネージャーさん?)にカメラマンになってもらい2ポーズ写真を撮って頂く。

最後に固く握手をして頂き、感謝の意を丁重に述べて、再びモーターホームへと戻っていく猛兄ちゃんを見送った。

まさに夢のようであった。私にはとても長い時間に感じられたが、恐らくは5分かそこらだったんだと思う。

この後は当然仕事に戻ったわけだが、毎週行くコースなのに何度も道を間違えた(笑)。
そしてその日は1日手を洗わなかった(爆)。

有難う猛兄ちゃん、この日のことは一生忘れません!!

またいつの日かお逢いできるのを楽しみにしております♪



編集後記♪

再アップにあたり文体の手直しをしながら読み返したが、未だあの日のことは昨日のように思い出される。その後も色々なヒーロー☆ヒロインに出逢う事になるのだが、これ程濃密な時間をすごせた事は殆ど無い。いかにラッキーであったかと改めて思う。

ブログを読んで下さった方からも必ず『本郷猛@藤岡』さんの話に触れていただいた(笑)。

やはり氏は永遠にヒーローであると思わずにはいられない・・・

[PR]
by heroes-cafe | 2005-08-02 11:44 | HERO☆JUNREI | Comments(0)

お~~ほんごうたけしだぁーーー!!

車の中で興奮しながら何度も絶叫した。とにかくこの喜びを誰かに伝えたい♪♪携帯電話を取り出し自宅へ掛けた。

私『本郷 猛がいたんだーーーーッ!』

妻 『もしもし?なに云ってんの??』

『だから、仮面ライダーの藤岡弘、だよ!フジオカヒロシ!!』

『えっ?も~一人で何興奮してるの??何処にも行かないからもっとゆっくりしゃべんなよ♪』

『だから、多摩動物園トコで仮面ライダーやってた藤岡弘、に会ったんだよ!!』


・・・(まだ見かけただけだろ?)・・・


『そう、良かったね。』

『で、今からそっちに戻るから!!』

『えっ?何で??』


盆と正月が一緒にやって来た、いやサマージャンボの1等3億円が当たったような(当たった事ないけど多分こんな感じだと思う・・)それ位凄いことが起こっているのに、状況をまったく理解してくれない妻にもどかしさを感じながらもハンドルを握りつつ“何”にサインを貰うかそればかり考えながら自宅へと向かっていた。

5分も走ると自宅へ到着。当時団地の5階に住んでいたので階段を一気に駆け上がり『ピンポ~ン』
妻が呆れ顔で開けてくれた。家に飛び込むなり

『ねぇねぇ?何にサイン貰ったらいいと思う?!』

『好きな物持ってけばいいでしょ!』

あくまでも素っ気無い。

当時は今みたいに色々な『ライダーグッズ』は持っておらず、どれにと考えてもたいした物は無かったのだが、せっかくのチャンスだし“なんでも鑑定団”に出したときに北原先生に高額評価をしてもらえる物を!!と訳の分からんことを考えながら3点ほどチョイス。
それともちろんカメラも持って再び本郷猛の待つロケ現場に急行した。

先程と同じところに再び車を止め降りる。先程と同じ場所におじさんも居た。まだ現場は静かであった。

私は少々緊張した面持ちで、『あの~、藤岡さんにサイン頂きたいんですがぁ~?』とおじさんに尋ねた。すると『今メイク中だから・・・ちょっと待ってて!聞いてきてあげるね♪』なんて優しい人なんだ!そう云っておじさんはモーターホームの中へと入っていった。

暫くするとおじさんは出て来て『今出てきてくれるから、ちょっと待ててね♪』と笑顔で答えてくれた!

やったーーーーー
本郷猛に会えるーーーーーーー!!!
心臓をバクバクさせながら今か今かと待っていると、車のドアが開き顔にドーランを塗り、少々色黒に見える藤岡さんが出てきた。一緒に20代前半の可愛らしいマネージャーさんと思しき方も出てきた。
b0087512_16564293.jpg

『やぁ、よく判ったね~』

忘れもしないこれが第一声であった。
目を細めニコニコしながらあの少々くぐもった声で私に話しかけてくれたのだ!

・・・・ほ、本物だぁ・・・・・


もう倒れそうになるほど緊張と興奮と嬉しさとが入り混じってなんと答えていいかわからず
『あはぁ・・・サイクロンが見えたんで・・・』
というのが精一杯であった。



Part3につづく。。。
[PR]
by heroes-cafe | 2005-07-31 19:51 | HERO☆JUNREI | Comments(0)

b0087512_1653544.jpg

あれは忘れもしない、今から6年前のことであった。。。

その日も外回りの為、9時過ぎに事務所を出発。
いつも通りカーラジオを聞きながら、いつもの道を走っていると東京に2つある動物園の一つ『多摩動物公園』に差し掛かる。土日やこれからの夏休みは家族連れで大変賑わうレジャー・スポットである。風景はいつも通りだが、ただその日はいつもと“少し”違っていた。

動物園に行くための専用駅の直ぐ脇に大きな駐車場がある。そこは道が直線の為遠くからもよく見える場所だった。何の気なしその駐車場に目を移した瞬間、『それ』はいきなり私の目に飛び込んで来た!!同時に大きな声で私は叫んでいた。

サイクロンじゃーーーーーん?!

子供の頃、そうもう30年近くも前に『変身!』と言って世の男の子を虜にした仮面ライダーが乗っていたあのサイクロンである。

『何でこんな所に?』『何のため??』『仮面ライダーも一緒か???』 (一緒な訳ないだろ!(爆))

そんな事が一辺に頭の中で渦巻きながら車はどんどんそこへ近づいていく。当然の如く車を路肩に止め、
恐る恐る近づいてみるがそれは紛れも無く新1号あるいは2号が使っていた新・サイクロンであった。
ただその横に見慣れない非常に大きなバイクがもう一台置いてあった。

サイクロンへ近づいたと同時に何かの撮影である事は容易に想像できたので、改めて辺りを見回すと大型トラックとキッチンやベッド等が付いているモーターホームが1台、それに高級外車のメルセデス・ベンツが一番奥に止まっている。スタッフらしき人も何人か居り、これから始まるであろう仕事の準備をしている様子。

当然ベンツ=芸能人という図式が浮かび上がり、『いったい誰が、サイクロンを使って何をするんだろうか・・』  そんな事を考えながらぼんやりそのベンツを見ていたら突然扉が開き中から誰か出てくるではないか!!

私の立っている所からそのベンツまでは4~500メートルはあったと思うが目のいい私にはその人物が誰であるか直ぐに判った。

『本郷 猛・・・・』
そう、藤岡 弘、とではなく私は“本郷 猛”とつぶやいていた。

そーーーーーなんです!!
なんと其処に藤岡弘、さんが居たんですよーーーーーッ!!!
さ~大変、頭の中がパニックになりながらも、近くにいた人のよさそうなスタッフのおじさんに
『あそこにいらっしゃるの藤岡さんですよね?』と私は改めて念を押すように聞いてみると、
『そうですよ♪』との返事。

やっぱり藤岡さんだーーーーッ!!!


心の中で今一度そう叫びつつ、もう一度そのおじさんに冷静さを装いながら『何かの撮影ですか?』
と聞くと『詳しくはお話できませんがCMの撮影です。』とおじさんは優しく応えてくれた。
『これから始めますんで暫くは(撮影を)やってますよ!!』とも聞きもしないのに丁寧に教えてくれたのだ。

もう仕事どころではない!軽く礼をいい車に戻りエンジンを掛けると私はハンドルを自宅に向けて切った。
b0087512_21251222.jpg
一世を風靡した藤岡さんが熱く熱く熱演された『オートレース』のCM撮影でした♪
Part2 につづく。。。
[PR]
by heroes-cafe | 2005-07-29 17:59 | HERO☆JUNREI | Comments(0)

☆科特隊、HMV渋谷に集結!!☆

b0087512_21301857.jpg
今日渋谷のHMVで「DVDウルトラマンコレクターズBOX」の発売を記念してトーク&サイン会が開催された。

トークショウは観覧無料だが、サイン会へ参加するにはHMV渋谷でDVD-BOXを購入した先着50名限定という事だったので前々からDVDを買うきっかけが無かったので、今回これを逃す手は無いとおもい思い切って予約購入した。

待ちに待った今日、会場へ着いてみると何組か親子連れも居たが殆どが怪しげなおっさん達。
まぁ、いるわいるわ!!自分もその仲間に加わり待つこと30分。MCのかわいいお姉さんの登場とともにイベントスタート。

まずはハヤタ隊員こと黒部進さんがトップバッターで紹介され、例のブルーのジャケットを羽織って登場。

胸にはちゃんと“流星マーク”が付いている!だが下のパンツはアロハの如く派手目。
さすが主役、とても目立っている。おお~まさに“生”ハヤタである!

簡単な挨拶の後、続いてアラシ隊員こと毒蝮三太夫さんが呼ばれる。

『いつもはババァばっかだけど、今日は小さい子も居るが、ん?でももうすぐジジィみたいな奴ばっかり・・よく集まったもんだなぁ~』

さすが蝮さん“つかみ”はバッチリ。

前出の黒部氏とお笑いコンビのごとく会場を笑いの渦に誘いながら掛け合いが繰り広げられ、続いてイデ隊員こと二瓶正也氏が紹介される。

巨体を揺らしニコニコしながら出てきた。ちょっと“お太り”になられていてジャケットの前が締められない。これまた蝮さんから“朝青龍”などと野次られて会場の笑いを独り占め。

3人がお互いをなじり合いながらも仲の良さが伺える。
さすがチームワークはウルトラシリーズピカ一だ。

そんなお笑いの演芸舞台のような雰囲気の中、紅一点のフジアキコ隊員こと桜井浩子さんが紹介され登場されたが、脱線気味の男共に半ば呆れ気味。

すでに舞台は収拾が付かない程盛り上がっていて、桜井さんは駄々っ子を束ねるお姉さんの如く皆をまとめ上げようやく進行どおり(?)にイベントが進みだした。

この場に“村松キャップ”こと小林昭二氏がいらっしゃらないのが本当に残念である。

と思っていると舞台後ろのスクリーンに“当時”のキャップが現れ聞きなれないアフレコの声で隊員たちに危険を知らせる。『うん?声が違うぞッ!』と鋭い突込みを入れる桜井さん(笑)。

するとほどなくお決まりの怪獣登場。今回はバルタン星人である。
ここはやはり『スパイダーショット』を持ったアラシ隊員に退治願わないわけにはいかず、用意してあったスパイダーの小道具を手に、外野から“撃つなアラシ”なんて茶化し入るがSEとともにバルタンめがけスパイダーを放つ。

その後ハヤタを残し他のメンバーは裏へ引っ込むと今度はハヤタとの一騎打ちである。

バルタンと“笑い”の掛け合いをしながらいよいよ変身だ。がここも例の“スプーン”を持っての変身シーンが再現されひとしきりファンの喝采を浴びた後に真打『ウルトラマン』登場。

会場のちびっ子から“ウルトラマンがんばれーっ!!”と声援もありスペシウム光線で決着をつけると一連のアトラクショーも一応終了。再び4人が舞台に現れいよいよトークショウの始まりである。

トークショウも男3人が暴走すると、ロコ(桜井さんのニックネーム)さんが“チャンチャン”といった感じで締めるパターンで進行し、撮影時の“ハヤタ・サボテン事件”やスパイダーショット使用時の裏話、また円谷英二氏との思い出などが各人から語られたが、随所に黒部氏や蝮さんの“親父ギャグ”がちりばめられていたのは言うまでも無い(爆)。

ひとしきり盛り上がった後、抽選会が行われ10人の幸運な方々がM1号謹製イベント限定の台座付・ウルトラマン&ベムラーのソフビオブジェクトを手にしたのだ。

う~ん欲しかった・・・。(会場にはM1号の西村祐次氏もいらしていた。)

そしていよいよ、お待ちかねのサイン会である。
DVDや書籍等みなそれぞれに思い思いのグッズを手にサインを頂き握手を交わしていた。

写真撮影が禁止なのは非常に残念であったが、その出演者の方々に間近でお逢いし言葉を交わし握手をさせていただけた事はこの上も無く幸せな時間であった。


ヒーロー巡礼の旅はつづく・・・



編集後記♪

この日はウルトラマンマックスも会場に登場し黒部さんや桜井さんが出演する旨が告知され、また、成り行き(?)で桜井さんが他の蝮さん、二瓶さんに出演の約束を取り付けていた。

マックスを御覧になっていた方はご存知だとは思うが、二瓶さんは黒部@トミオカ長官の戦友『伊達博士』役で準レギュラーとして度々登場し、蝮さんは1回だけであったが“なぞの警備員さん”?としてちゃんと出演された。

トークショウの時に蝮さんが

『今更俺たちなんかを引っ張り出しちゃダメなんだよなぁ~ もっと若い人達で盛り上げていかないと・・・』

と仰られていた。確かにマックスは“オールスターキャスト”と言った感で視聴率稼ぎと捉えられかねない展開ではあったけど、我々おじさんには嬉しいサプライズではあった。

メビウスでも秋に公開の劇場版のほうには何とウルトラ兄弟までが登場する!
賛否あるけど皆さん元気なうちはどんどん登場して欲しいと思う♪

本当に今にして思うと、この歳で科特隊のメンバーに生でお目に掛れるなんて考えてもみなかったことだ!実に貴重な時間を体験したんだと改めて思うのでありました♪

[PR]
by heroes-cafe | 2005-06-11 21:10 | HERO☆JUNREI | Comments(0)
HEROES☆CAFEへようこそ♪ 幼い頃に出逢ったヒーローやヒロインにもう一度逢いに行きませんか・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31