b0087512_20204635.jpg
M1号・三輪車シリーズの第2弾。

もう画像はSTセブンの時に登場させちゃったけど、改めて紹介♪

これもM1号の“オリジナル”だけどウルトラマンに続きなかなかなのでは?!

セブンの造型に関しては、まぁ賛否あるでしょうけど私はO.Kです(笑)。
どことなく子供っぽい雰囲気が出ているように思います♪

出来ればキャラクター毎に三輪車本体の色に違いがあればもっと良かったのでは?と思うんだけど・・・

b0087512_2021496.jpg
たしか雑誌かなにかで見たんだけど、今後ケムール人とかのリリースが控えてたように記憶してるんだけど、折角だからこのままセブンシリーズで『ウィンダム』とか『ミクラス』あるいは『ガッツ星人』とか『メトロン星人』なんかが三輪車に似合うような気がするんで是非ともリリースして欲しいなぁ~~ って思うのですが・・・。


無理かなぁ~(笑)。

ただ載せても能がないんで、どこかのサイトの扉画をパクって・・・(爆)。笑って許してネ♪
b0087512_2023240.jpg
 


 
[PR]
by heroes-cafe | 2006-05-25 20:24 | ULTRASEVEN | Comments(4)

1/6RAHのリニューアルに伴い、こちらのいわゆる1/8シリーズもDXと銘打ってほぼ全てのパーツを新造によりグレードアップして再登場させた旧1号。


確かに見違えるほど素晴らしくなったが、いつも通りお値段も素晴らしくなった♪(爆)。


こっちの220シリーズの方は長らくリリースが止まっていたのでリニューアルといえどもシリーズが動き出したことは非常に嬉しい。


怪人も旧1号編まではリリースが完了しているので、今回はTVや写真誌の戦闘シーンを中心に我が家の庭で再現してみた。


RAH220、すなわち22cmのサイズは非常に手ごろで、すでに旧2号の再リリースも決定しているので、こちらの怪人についても新リリースを期待したい!!

b0087512_243834.jpg
with CYCLONE
b0087512_251068.jpg
vs KUMOOTOKO@OGOUCHI-DAM
b0087512_261468.jpg
ENDING@13GOU-UMETATECHI
b0087512_26324.jpg
vs SASORIOTOKO@MIURA-BEACH
b0087512_915210.jpg
vs KAMAKIRIOTOKO@SHOCKER-SECRETBASE
b0087512_264546.jpg
vs KOBURAOTOKO@SARUSHIMA
b0087512_265942.jpg
『RIDER FIGHT!』
b0087512_281233.jpg
vs GEBAKONDORU@Mt.FUJI
b0087512_283159.jpg
vs KAMEREONOTOKO@BANPAKU-ATO

そうそう、そう云えばベルトのスイッチが上下逆さまに付いているのだっ!!
映像や写真で確認できる限りこのようになっているベルトのシーンはないのよね?!
で、箱絵を見ると、やっぱり逆さま(笑)。

これって製作工程でのミス??
[PR]
by heroes-cafe | 2006-05-22 02:48 | Masked Rider | Comments(4)

b0087512_17294064.jpg『あっ、ブンちゃん♪新しい三輪車買ってもらったんだ!!』
『うん!!ボクも緑色、まんちゃんとお揃いだよ☆』
『よし、じゃぁこれから一緒にサイクリングだぁ~~』



b0087512_17313315.jpg『あ~~、まんちゃん ちょっと待てよぉ~~~』
『ブンちゃ~ん 遅い遅い~~っ♪』
『まんちゃん!あぶないッ!?』



!☆ゴン☆!



b0087512_17324024.jpg『痛ッ!!コラッ小僧!?何しやがるッ!!』

『・・・・ゴ、ゴメンなさい(泣)』


『・・・・・・・・』


『ゴメンじゃネェよ!大事な体に傷が付いただろうがぁ~?!』

『このクソガキがぁ~』






b0087512_1742351.jpg
ガン!!!

『うわぁ~ん!!』

b0087512_19265214.jpg『ちょ、ちょっと!にいちゃん、な、何するんだよ?あんた同じ仲間だろ?!』
『ヘッ、俺はなぁ正当な“ブルマァク”の血を引くソフビなんだゼ!お前らみたいなのと一緒にするんじゃねぇやッ!』

『その割にはにいちゃん顔色悪いよ?体の色もなんかビミョ~~だし??』

『う、うるさいッ!このオレ様を誰だと思ってやがる!“STのせぶ”たぁオイラの事よ!』

b0087512_17432749.jpg
『おい、若けぇの、そんな小さな子相手に、なにイキがってるんだい?』

『誰だよ、オッサン?!』


『フッ♪兄ちゃん 他のヤツの目は誤魔化せても俺の目は誤魔化せないゼ!その顔色にその体、おめぇ一応はマルブルの血を受け継いではいるんだろうけど、バンダイ組の復刻さんだろ?!その証拠に右足の裏に“バンダイ”って墨が入ってねぇかい(笑)』

b0087512_19462518.jpg
『ううっ!』
『おじちゃん、もしかして あの伝説の“ブルマックの翔”じゃない?』
b0087512_17491832.jpg
『さぁなぁ~ 遠~い昔のことだから、忘れちまったゼ・・・・。若けぇの、おめえもバンダイ組とは言え一応は俺たちの流れを汲む者だぁ。あんまりイキがるんじゃぁないゼ』

『す、すいませんでしたぁ!』
b0087512_1933362.jpg
『坊やたちも、気をつけるんだゼ』

『おじちゃん・・・・』


b0087512_1751064.jpg
“ブルマックの翔”は安住の地を求めて今日も果て無き旅を続けるのであった。つづく。。。


おバカな寸劇は笑って許していただいて、ブルマァクのSTセブン登場です♪

カタログでは『小』って呼ばれているようですがSTのほうがポピュラーですね(笑)。

ついに手に入れてしまった、っといった感じです♪


b0087512_19345566.jpgいわゆる『大』ソフビの方は造型も角ばってて、顔立ちも凛々しく一番最初にカッコいいなぁ~
って思って手に入れましたが、この『小』は一転して可愛らしい作りで顔もなんか変だなぁ~って思ってたので絶対に欲しくならないだろうと思ってました。

がしかし・・・・・イイ(爆)♪
[PR]
by heroes-cafe | 2006-05-16 18:13 | ULTRASEVEN | Comments(5)

b0087512_14334724.jpg
『ミクラス、頼むぞ!!』

そう云ってモロボシ・ダンが腰のケースから取り出したカプセルの一つを放つとバッファローをモチーフにした怪獣が現れる。ちょっとおつむは弱いけど猪突猛進、自慢の怪力と口から熱光線も吐くミクラス。

b0087512_14345898.jpgものの本には書いてあるのかも知れないけど、そもそもカプセル怪獣ってなに?

最初からカプセル用にM78星雲で飼育されてたりするの?でもミクラスはバッファロー星、ウィンダムはメタル星だったかな?の生まれだから・・・だったらウルトラの人々がとっ捕まえてきて調教してカプセルに閉じ込めてたの??



ジ・ビ・レ・ル・ル・・・ ダ・レ・レ・ガ・・・ ダ・ズ・ゲ・デ・ェェェ・・・・
b0087512_14372566.jpg
それにセブンのピンチヒッターの割にはぜんぜん弱いのは何故?!(笑)。

そう云えば先週は『ウルトラマンメビウス』にも“マケット怪獣”って設定で出てきてましたね♪過去のデータによると怪獣と対戦して勝利した記録がないって言われてました(泣)。

b0087512_1439573.jpgちょっとお茶目に扱われすぎてた気もするけど、セブンファンとしては嬉しい復活でした。
ついでに言えばミライ隊員がメガネを『デュアッ』てやってくれたのも(^_^)v


ミクラスはじめウインダムにアギラ。ダンがカプセル投げる度にいつも疑問に思ってたのだ(笑)。誰か教せ~て♪(願)




さて画像のミクラス君はマルサンのスタンダードサイズです。

b0087512_14502320.jpg生産時期によって色合いに違いがあるのがレトロソフビのいい所というか何と云うか・・・(笑)  某資料館さんの画像やコメントから判断するに、中期以降に生産されたものではないかと思います

だんだん後期からブルマァクに移行するにつれて彩色が簡単と云うか雑(笑)になっていったみたいで、どうしても見た目も華やかな、角が白・黄緑・オレンジのヤツが欲しくってねぇ~ 

b0087512_14504021.jpg足裏の『円谷特技プロ』刻印が泣かせます☆

それにしてもこのずんぐりとした造型というか雰囲気がめちゃめちゃ可愛いです♪

『ミクラス、戻れッ!』
b0087512_14593355.jpg

[PR]
by heroes-cafe | 2006-05-13 14:59 | ULTRASEVEN | Comments(3)

b0087512_1542894.jpg
少年ライダー隊の命を助けるため、仮面ライダーは強敵ムカデタイガーと相打ちになった。そしてそのまま仮面ライダーの姿は人々の前から消えた。果たして仮面ライダーは無事なのであろうか・・・

第92話のオープニングナレーション。

1週間以上も消息不明の仮面ライダー。
皆の心配する中、突然ライダー隊本部に現れる黄色いマフラーに黄色い手袋・ブーツのライダー。

『ライダー!!』

おやっさんや滝はじめみんな嬉しそうに駆け寄る前に“なんか違うっ?”て気づけよ!!(爆)。
b0087512_154354100.jpg
ちょうどバンダイあたりのソフビと同じくらい20cmほどのサイズの可動フィギュア。
規格で云うと1/10。

メディコムのRAH220などとも一線を画した独自の路線を行くシリーズ。

正直造型はイマイチだけど、なんと云ってもこのコスチュームを着ているところが一番のお気に入り。


b0087512_1544244.jpg
ゲルショッカー首領の正体が記録されたカプセルが南米からある男によってもたらされる。

『本物はこれだっ!』

カウボーイハットにサングラス。そう、ベレー帽がトレードマークだった一文字がなんとカウボーイハットを被って登場するのだ!





『(日本への輸送役に)南米のアンチショッカー同盟がオレを選んだ。』

そういってサングラスをとる一文字。


b0087512_15583487.jpg
『正月くらいは生まれ故郷で過ごしたいんでねッ☆』

この回の放送はまだ冬休み中の1973年1月6日に放映されたのだ。


一文字に近寄ってきて運んできたアタッシュケースを受け取ろうとするライダーに

『ライダー、いつからそのマフラー?』そう問いかける一文字。


アンチショッカー同盟はともかくおやっさんや滝を含む全員がココでようやくライダーが普段と違うことに気付くのだ!


『これだけ派手ならもっと早くに判るだろ~~がっ!!(爆)。


この二人の衣装はまさに『第93話“8人の仮面ライダー”』の時の衣装で、めちゃめちゃカッコよかった♪


b0087512_15474993.jpg
『本物の強さを見せてやろうぜッ』

そう云ってニセライダー8人を前にして本郷、一文字そろい踏みでの“ダブル変身”が披露される!

b0087512_1548871.jpg
全国2千4百万のチビッコライダーファンみんなが超・シビレた瞬間だ♪♪


記事を書くにあたりもう一度DVDを見直したのだが、一文字の変身のなんと静かでスムーズな事か!?

b0087512_15482225.jpg
すっと両腕を右へ払ったかと思ったらすぐさま顔の前を腕を回してグッとためのポーズ。
改めてみると力が抜けていて本当に無駄が無い。

b0087512_15483578.jpg
本郷の体全身を使い、腰の入った力強いポーズももちろん大好きなのだが、改めて一文字の変身に惚れ直した(笑)。
[PR]
by heroes-cafe | 2006-05-10 15:22 | Masked Rider | Comments(2)

b0087512_13575575.jpg簡易ブリスターパック仕様で大きな台紙に12個綴りでその昔駄菓子屋さんの店頭などで吊るし売りされていた物らしい。

何せ“こっち”方面はまったくの未開の地(笑)なので、よく知らないのが本当の所♪

駄菓子屋にはよく行ったもんだけどスーパーボールとかもっとチープなピストルとか飛行機なんかが売られていたのは覚えてるけどこれは記憶にないなぁ~。

スタイルいいよねぇ~
b0087512_1474759.jpg
このユニパズル『ワンタッチで くみたて・ぶんかい!』って謳い文句の通り1箇所止めてある部分を外すと全部がバラバラになるように出来ている。要はパズルを気取った3Dの組み立て玩具なのだ。

b0087512_13583041.jpg今までの自分だったら絶対に買わなかった部類のフィギュアだな(笑)。


では何故こういうものを買う心境になったか?


それはとあるWebサイトのせいなのである!!(爆)


『ウルトラセブンvintage』というセブンに特化した、当時のフィギュアからお菓子のパッケージまで膨大なレトロ物を中心にコレクションされている素晴らしいサイトがあるのです♪


後ろからのラインも素敵♪
b0087512_1401779.jpg
いつの頃かそこの掲示板へお邪魔するようになり~今では常連面してちょくちょくお邪魔させて頂いているのだが(汗)~そこでコレクションを拝見したり掲示板で他の常連さん方とセブンや特撮物などについてお話をさせて頂いているうちに、いつしか “ユルユル”に見えていたレトロソフビがとても素敵に見えるようになってきたのだ?!(爆)。

そしてついにレトロソフビに手を出してしまい・・・そう禁断の実を食べてしまったのです♪♪

幸いにしてまだ“どっぷりと”までは行ってないと思うのだけれどもう抜け出せそうにない(爆)。



一応ブルマァク製なのだ!
b0087512_1433178.jpgさてホークに話を戻すと、今見ればいかにも“チープ”なオモチャなのだが・・・

かっこええねぇ~~(爆)




b0087512_1412180.jpg
でもよく見ると実に単純なパーツ構成の割には見事に特徴を捉えていて、ヘタな高価なフィギュアなんかよりよっぽど似ていて雰囲気もバッチリ!!


フォース・ゲート・オープン!
b0087512_1414382.jpg
複数あったらオリジナルカラーに塗ってみてもなんて一瞬思ったのだけど、おもちゃとしての面白味を優先したバラバラな多色構成だからこそ素敵な光りを放っているのかもしれないとも思う♪


b0087512_142230.jpgこの出来なら1号だけでなくて2号、3号ってないんですかネェ? マスターーー♪(爆)


いやぁ~でもレトロ物ってほんと味わいがあっていいものだ(笑)。
[PR]
by heroes-cafe | 2006-05-05 14:18 | ULTRASEVEN | Comments(7)

b0087512_23462036.jpg
RAHウルトラセブンの購入者特典で封入ハガキでのみ買うことが出来たもの。

商品画像がメディアで発表になっていた時から『ど~も・・・顔が・・・イマイチ・・・似てない・・・?!』って思ってはいたのだけれど、いつもの如く“限定”の言葉と私の座右の銘『買わぬで後悔するより、買って後悔!』の精神でとりあえず抑えた。

b0087512_23142399.jpg

見本画像と実際の商品とは微妙に違うことも多々あるので、ひょっとしたらいい方に転ぶかも!?なんて密かに期待してたんですが・・・

やっぱり似てない!!(爆)


最初から思っていたのは あなたひょっとして野口五郎さん?
いや、ココリコの田中君??  ね♪似てません!?(笑)


b0087512_2315429.jpg
変身してはいかん!!

ヘルメットが被れるようになっているのでそのせいなのか顔が“細い”ですね。



まったく似てないわけではないのだけれど、あとちょっと・・・なんだよねぇ~♪



b0087512_23154691.jpg
おっ!この角度はかなり似てるかも!!
最近のメディコムのRAHシリーズはかなりクオリティが上がってきて非常に期待が持てるんだけど、でもあともう一歩、頑張ってくれればなぁ・・・っていつも思う。


今後リリースされる『キカイダー』もかなりいい出来に見えるんだけど、変身前の“ジロー”はやっぱりイマイチなんだよねぇ~


アンヌ隊員も素体を工夫して体型から努力しているのは分かるんだけど、肝心の『人形は顔が命』の“顔”がやっぱりイマイチっぽいのよね~~(笑)。



b0087512_23371059.jpg
デュアッ!
文句ばっか云ってるけど(笑)、フィギュアとしての出来はなかなかなのだ!!(今更褒めても遅いってか?(爆))


特筆すべきはダンだけに『ウルトラアイ』は素晴らしいの一言!!


このサイズでこのクオリティはさすがメディコム♪

ちゃんとダンの顔に嵌るよう作ってあるのだ!!


b0087512_2316434.jpg
あと気が利いているのがカプセル怪獣を収納していた腰のBOX。

画像で分かるかと思いますがちゃんと中にカプセルが入っています(驚)


b0087512_2339248.jpg
こちらダン、本部応答願います!

ビデオシーバーの開閉には実物よりはチョッと大きめな“取っ手”が付いています。このサイズで内側はそれなりに作ってあるから凄い!!



b0087512_23192195.jpg
やめるんだセブン。今度こそ本当に死んでしまうぞ!

次回はいずれ発売になる『アンヌ隊員』と最終回を再現してみたい(笑)。
[PR]
by heroes-cafe | 2006-05-03 23:41 | ULTRASEVEN | Comments(6)

     『聖地巡礼』
こうやって書くとなにやら仏陀やキリストの足跡を訪ね歩くみたいだが(笑)、ココで云う“聖地”とは、もちろん幼少の頃胸躍らせて毎週見ていた特撮番組のいわゆるロケ地のこと。

ただロケ地巡りを綴ったサイトは沢山あるので今更な企画ではあるけど、やっぱり自分の目で確かめる事に意味があるので、まぁ皆様も宜しかったらお付き合い下さいませ♪

聖地巡礼を思い立ったのは、ブログを始めるず~っと以前で、“いつかは・・・”と思いを暖めておりました。なぜなら普段生活・仕事をしている地域に実に沢山のロケ地があったのです!

従って手始めに、最初はご近所からと思ったのだが、都合よく昨日、奥多摩方面へ仕事に行く用事が出来たので、だったら奥多摩と云えば『蜘蛛男』登場の第1話にちなんでと思い・・・

で、記念すべき第1回は『小河内ダム』巡礼を送りします♪


東京に住むものには『奥多摩湖』の呼び名の方が親しいかもしれない。

もともとは東京都民の水瓶として多摩川を堰き止め昭和32年に作られた。現在東京の水源は利根川水系なのでいまは渇水時の非常用としてその責務を負っている。


さて第1話の後半、蜘蛛男との戦いのクライマックスの舞台がココ奥多摩湖こと小河内ダムなのである。


横浜・赤煉瓦倉庫でルリ子を拉致した蜘蛛男はトラックの箱の上に彼女を乗せ逃走する。

そして次のシ-ンがいよいよ小河内ダムの登場だ。

b0087512_001492.jpg
ダムの西側、湖を背に立つライダーの引きの画。


b0087512_003544.jpg
続いてアップ。


b0087512_011351.jpg
戦闘員とのカラミ。


b0087512_014971.jpg
蜘蛛男との一騎打ち。

本編の画像(左側)と今現在の画像を比べていただくと分かると思うが、撮影当時ダムにはほとんど水が貯められていなかったようだ。ココでの撮影は講談社刊『仮面ライダー大全集』によると昭和46年2月だったようなので、完成から14年も経っているにもかかわらず雑然とした雰囲気である。

また本編ではご覧のように“下”に降りて戦っているが、現在はもちろん降りることは出来ない。

b0087512_0184959.jpg
蜘蛛男との戦いに勝利し気絶したルリ子を抱きかかえて下から上がってきた所におやっさんが車に乗って登場する。

ちょうど画面右の柱のようなものが、ひとつ上の画像の左側上段に見える石柱にあたる。
ココは“非常用洪水吐”と呼ばれる所で水が貯まり過ぎた時にゲートを開け放流するところらしい。

b0087512_0202042.jpg
おやっさんにルリ子を託し走り去る車を見つめる。


b0087512_0214169.jpg
自身もバイクに跨り孤独感に苛まれながらアクセルを吹かす。

本郷が走ってきた方は今現在は立ち入り禁止になっていた。


b0087512_0224147.jpg

ラストナレーションが入り走り去っていくバイクに乗った本郷。

画面中央、本郷の左側に見える白い建物は“展望塔”と呼ばれるところ。




見ていただいたとおり、ほぼ35年前のまま施設が残っています。

もちろん新しく建物が建っていたりして往時とはかなり様子は違うと思いますが、間違いなく当時の雰囲気はしっかりと感じ取れました!!

b0087512_0432625.jpg
何年か前までは古びた資料館でしたが、現在では 『水と緑のふれあい館』 と名称も変わり綺麗な建物に生まれ変わっていました。





b0087512_0455241.jpg



b0087512_0462712.jpg

生憎、昨日5/2は小雨交じりでしたが、これからの季節新緑がとても綺麗な所ですので皆さんもドライブがてら訪ねてみてはいかがでしょうか・・・
[PR]
by heroes-cafe | 2006-05-03 00:51 | SEICHI★JUNREI | Comments(10)

b0087512_0113493.jpg

1971年4月から2年間にわたりテレビ放映され、国民的大ヒットを記録した「仮面ライダー」の変身ベルトを、オリジナルのイメージをそのままに迫力の変身音と回転発光で再現した「コンプリートセレクション仮面ライダー新1号 変身ベルト」として3月下旬より発売します。
 主なターゲットは当時の番組をリアルタイムで視聴していた30代~40代の男性です。


b0087512_0121837.jpg

これは製造元のバンダイのプレスリリースのからの抜粋なのですが、私・今年41歳。見事にハートを“狙い撃ち”されました(爆)。


いやぁ~とにかく『カッコイイ~~~♪』の一言!!



今放映中の『カブト』も含めていままでず~っと発売されてきた子供向けの『光る・回る変身ベルト!』のまさにオッサン向けバージョンと言った感じの出来栄え。

b0087512_0125775.jpg

ベルトのサイズも『胴回り85~110cm対応』と“仮面デブダー”には実に嬉しい配慮となっているのだ(爆)。





b0087512_0131957.jpg
音も劇中の変身時に流れた音そのままだし、何と言っても見事なのがLED発光で再現された“光る”部分だ。




b0087512_0133516.jpg
劇中では恐らくアニメーションで表現されていたと思うのだが風車の回転後に光りが四方にスパークするのだがそれを多色LEDで再現し素晴らしい雰囲気を醸し出している。




b0087512_014122.jpg
ベルト本体は牛革を使用し質感もバッチリ♪両サイドのBOX部分がスイッチと電池入れになっている。


放映当時、バンダイの子会社であった“ポピー”製の『光る回る変身ベルト』という物があった。私は持っていた記憶もないし、回りでも持っているやつはいなかった。封入のブックレットに詳しく書いてあったのだが、大卒の平均初任給が¥43,000という時代にこの変身ベルトは¥1,500もしたそうだ?!

タカトクというメーカーからさきにベルトが発売になっていて、所謂“版権”の兼ね合いもあり、このギミックにこの価格になったらしい。しかしこの¥1,500という価格にはもうひとつ思惑があったそうな。

b0087512_0142479.jpg

普段仕事が忙しく子供と遊んでやれない負い目を負う父親が多少無理をして買ってやろうとする“償い”としての価値基準がこの値段に籠められてたとか(笑)。


なんとも耳の痛い話ですが(笑)、でも今の価値に換算すると初任給を20万位とすると今は当時の約4.7倍。¥1,500×4.7=¥7,050♪

ところがいま罪滅ぼしとして要求されるなら恐らくPSPとかDS Liteあたりとすると2倍強?!ソフト1本で『ゴメン』という訳ないから、今のお父さんの方が断然散財させられている!!(爆)。いつの時代もお父さんは大変なのだ。


b0087512_0144173.jpg
さて先出のブックレットの中には初代ライダー・本郷猛こと藤岡弘、氏のインタビューも収録されているのだがこんな一文があるのでご紹介しよう。





変身ベルトには『僕も憧れのヒーローに変身できるんだ!』『仮面ライダーのように強くなれるんだ!!』という、子供たちにとって何よりも大切な夢とロマンが詰まっているんだと思います。 ~中略~ いつの時代にも夢を現実のものとして描き出せる魔法の杖-それが変身ベルトなのではないでしょうか。


そうなのです!!しかしオジサンの夢とロマンはもっと沢山詰まってるんです♪(爆)
b0087512_0152374.jpg


そして最後にこう語っていらっしゃいます。


夢、希望、勇気、正義、人類愛・・・・。最初の『仮面ライダー』には、これらの善なるすべてのエッセンスが凝縮されています。 ~中略~ みなさんも『仮面ライダー』から学んだ正しい心を、ぜひ未来を担う子供たちに語り継いであげてください。


人間40年も生きてくると色々な事がある。でもどんなときも仮面ライダーをはじめ沢山の特撮番組から教わったものを糧にオジサンは頑張ってます。


後に3人目のライダーとして登場する『V3』こと宮内洋氏も『ヒーロー番組は教育番組である』と仰っておられます。


仮面ライダーは今も世界のどこかで戦っているんだ!だからオレも頑張って戦おう!!


『馬鹿じゃないの?』って思われる方が殆どでしょうが、しかし私はこれから先もこういう気持ちで生きて行きたい!!(笑)。
b0087512_0163724.jpg
画面下のベルトは以前にTHNで限定で販売されたレインボー造型製・新1号ベルト。いかにもプロップっぽい!

なぜなら“彼”は私の永遠の『ヒーロー』だから・・・。



[PR]
by heroes-cafe | 2006-05-01 23:28 | Masked Rider | Comments(2)
HEROES☆CAFEへようこそ♪ 幼い頃に出逢ったヒーローやヒロインにもう一度逢いに行きませんか・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31