小雨降る小港・・・

今日は来月末に仲間と訪問予定の某所へ下見に行ってきました。

あいにくの雨で、おまけに道も大渋滞ときて、ずいぶんと時間がかかってしまったけど、やっぱり下見に来ておいてよかったです♪

b0087512_22183551.jpg
さすがに40年も経っているので、ずいぶんと様変わりしていましたが、それでもあちらこちらに面影はちゃんと残っており、来月の仲間との再訪問が非常に楽しみです!!


b0087512_221977.jpg
一箇所だけ時間の関係とプラス駐車代1,000円と云う法外な料金に訪問を断念しましたが、再訪問時には、腹を決めてみんなと一緒に行きたいと思います(;^_^A


だいたい場所も特定できたし、来月の訪問の際は、無駄なくピンポイントでみんなを連れて行けると思います(笑)。



仲間のみんなぁ~~、期待しててねェ~~\(^o^)/
[PR]
by heroes-cafe | 2007-09-29 22:23 | Cafe Break | Comments(2)

23日・24日の2日間に渡って、シネマ・バー『ザ・グリソムギャング』で行われた、ウルトラセブンの『セブン暗殺計画 前・後編』と怪奇大作戦から『霧の童話』の3本と、満田監督がメガホンを取られた『ひとりぼっちの地球人』の計4本の16mmフィルムによる上映会に行って来ました!

23日は飯島監督のトークショウ&懇親会も行われると云うことで、非常に楽しみにしていました♪


b0087512_13505217.jpg
4本一気に上映したあと休憩を挟んで、いよいよトークショウのスタート!

先日、冬木透氏のコンサート会場にてお姿は拝見しておりましたので、二度目のコンタクト。トレードマーク(かな?)のベージュのサリハット(たぶん・・(;^_^A)姿で登場されました。


b0087512_9245747.jpg
いつも通り覚えているお話をつらつらと・・・。

開口一番、『こうして改めてみても、セブンじゃなくてマンだね?!』 と苦笑されていました。

b0087512_0292270.jpg
セブンに関しては企画の段階から外れていらしたそうで、急遽呼ばれたのでこういった場でセブンに関して語るのは心苦しいと仰られていました。(飯島監督は視聴率低迷のピンチを救う為に呼ばれたと記憶しています・・・)

当時は監督ご自身のスケジュールが非常にタイトで、(呼ばれて)正直困ったと・・・(笑)。

最初は前後編でやる予定ではなかったそうですが、実は前後編でやることは非常にリスクを伴うが、でもうまく終われば、そのまま後編へ引っ張れるので視聴率的にもOKだし、メカのシーンを丁寧に入れたお陰でうまい具合に(尺が)長くなったと仰られていました。

b0087512_0294099.jpg
マンのときは自衛隊に科特隊から“協力要請”って感じだったけど、全ての車輌等に『防衛軍マーク』を入れてキリヤマ隊長の指揮の下、全軍が動くといった“ミリタリー色”を強く出したとも仰っていました。(この辺りの“ミリタリー色”のお陰で山田洋次監督に『絶縁』されてしまったと淋しげに語ってらっしゃいました・・・)

b0087512_030668.jpg
また初期設定に基づき、隊員一人一人を丁寧に描いたとも。
アンヌがダンを心配して他の隊員に食って掛かるあたりは、“淡い恋心”を念頭に置いて。
『でもそこら辺はボクなんかよりも満田監督がきちんと描いてたよネ・・・』 とは 監督の弁。

b0087512_0302470.jpg
ソガとフルハシの先輩後輩のちょっとしたコミカルな芝居や、フルハシのコミカルな演技(マンで云う所のイデ隊員のような・・・)などは、セブンがマンに比べて“大人向け”=“理屈っぽい”ところが在るが故(視聴率的に)苦戦していたので、子供の目線に立ってああいう雰囲気にしたそうです。『ちょっと姑息だけど・・・』 と自虐的に解説してくださいました。


b0087512_030384.jpg
前編冒頭、アロンがセブンの能力を分析するために送り込まれた怪獣としてあっけなくやられてしまう下りに関して・・・

初期設定ではガッツ星人の1人がやられるはずだったが、いわゆる真打が最初からやられてしまうのは如何なものかと云うことになり、急遽“前座”の登場となった。

『セブンは、身長50mの巨人にも・・・』のナレーションは今日初めてセブンを見た子供にも判るように解説図鑑的なアプローチだったと。


b0087512_0311740.jpg
アンヌとダンがパトロールに出た際にガッツに遭遇しアンヌが居た為変身できず、ウィンダムを代わりに行かせるが・・・

b0087512_031369.jpg
カプセル怪獣のコンセプトは非常に良かったんだけど、どの監督も扱いに非常に苦労していたそうです。(時間が)21分しかないので、出してそれなりに描いてやると肝心の“主役”登場の時間が無くなってしまうし、また引っ込めどころが非常に難しいとも仰っていました。ちなみに台本ではウィンダムではなくミクラスだったそうです。ウィンダムに変わった経緯は、登場頻度?気ぐるみの都合??監督ご自身も記憶が無いそうです(笑)。

b0087512_037571.jpg
それとあと印象的だったのは、『古谷君がいい顔してるよねぇ~!ただ助手席に座ってるだけでも、実にいい表情してるネ!!』
『Qでマンモスフラワーでも出ていたし、他にも“役者”としてやってたから、(マンで)中に入ったことでの(セブンは)ご褒美だったから、嬉しかっただろうネェ~』
と、懐かしそうにお話されていました・・・。 

え~もっともっと色々なお話が出たのですが、記憶の限界です(;^_^A


『霧の童話』に関しては・・・

・勝呂氏を主役で撮って欲しいとの要望があった。
・汽車が走るシーンは野辺山。通常運転の列車に排煙や排気を場所を指定して(画になるように)出して欲しいとお願いした。
・落武者の鎧等の衣装は『黒澤組』からの借り物。弓矢をシチュエーションに合わせて折ったりしたが、返却の際これが大事件になったとか?!
・ラストの“鉄砲水”のシーンは台本にはなかったが、あれを入れなければ話がきちっと纏まらなかったと判断。モノクロにしたのはリアリティーを出すため。
・高速脇の高台のシーンは東名のインター近く(恐らく東宝ビルトの近所)。遠くを見ている工員の横にある道祖神?は・・・・!?



監督はトーク中、折に触れ『子供が好きだ』と仰られ“子供の目線”でとか、(霧の童話では)“子供を使いたかった”などと仰っていました。近年の監督がお撮りになった『ウルトラマンマックス』でも少年少女が主役を務めていましたネ。非常に子供の“目”を気にされて作品をお撮りになっていらっしゃるようでした♪



b0087512_13492123.jpg
懇親会では、飯島監督はとても『気難しい』方だと噂に聞いていたので、サインを頂くのに非常に緊張したのですが(今回は震えませんでした(爆))、全然そんな事はなく、昔々一応子供だった(;^_^A大きなヲタクの願いを快く聞いてくださり、サイン沢山お願いしてしまいました♪


b0087512_13493963.jpg
b0087512_0455791.jpg
メディコムのバルタンとガッツをダメ元で持参し、恐る恐るサインをお願いしたら喜んでサインをして下さり、それぞれの宇宙人について解説までして下さいました!!

・バルタンの爪は当時大発生していた『アメリカザリガニ』をヒントに♪(マックスのファンコレにも同様のコメントが載っていました。)
・ガッツの頭部の模様を指し『これはちょっと違うな!』とご指摘が入りましたが(笑)、あの唐草のような独特な模様は“脳ミソ”を表している!脳が異常に肥大したと云う設定。


b0087512_1350296.jpg
b0087512_0462095.jpg
上映会の主催者様に伺ったお話によると、初期設定では頭部はスケルトンで中身が見えるようなデザインだったとか!?造形的に難しかったんであのようなスタイルになったんでしょうね♪また最初の名前は“スラッガ星人”。ガッツの宇宙船がクリスタルチックで透明なのは“頭部がスケルトン”の設定の名残だとか。



人と人との出逢いは『一期一会』。

今回もご一緒した仲間に助けて頂き、思う存分監督との出逢いを楽しむ事が出来ました!!カラやんさん有難う(^_-)-☆


いづれまた飯島監督をお招きして、上映会を開催したいと主催者様も仰っていましたので、“次回”を楽しみにしたいと思います!!

b0087512_13503180.jpg
『監督、飲食中にあれこれサインをお願いしまして、本当に申し訳ありませんでしたm(__)m。でもお陰様でいい記念になりました♪是非またお気に入りの“バルタン”でウルトラを撮って下さい!!またお逢いできる日を楽しみにしております♪有難うございました』


おわり。


-追記- 

24日は仕事だったため、ゆり子さん&満田監督のトークショウは残念ながら参加できませんでしたが、ちょっとだけ懇親会に潜入してきました(笑)。

b0087512_9212826.jpg
アンヌ隊員の“勇姿”をちょっとだけ・・・(^_-)-☆
なんでファィティングポーズなのかはゆり子さんのブログを見てネ♪

『あたしだってたいした腕前なのョ!見くびらないで!』

こんなアンヌ隊員だったらガッツも尻尾を巻いて逃げ出したか?!(^◇^)
[PR]
by heroes-cafe | 2007-09-25 01:13 | HERO☆JUNREI | Comments(6)

b0087512_208836.jpg

b0087512_2082018.jpg

b0087512_2083345.jpg

b0087512_2084439.jpg

b0087512_209011.jpg

b0087512_2091381.jpg

b0087512_20101386.jpg

b0087512_20403687.jpg

b0087512_20353941.jpg

ショッカーの敵、そして人類の味方。


・・・ 仮面ライダー  ・・お前?!


私は本郷猛に代わって日本を守る・・・仮面ライダー



お見せしよう、仮面ライダー! 

変身!とぉーーーーーーッ!!
 

一文字隼人登場の一番有名なシーンですよね♪台詞もカッコイイ!!

佐々木さんの著書にも書いてありますが、『お見せしよう!』って云ったのに肝心のベルトを皆に見せていないことに気付き(笑)、ポーズの途中で慌ててチャックを降ろしてベルトを見せたと云う逸話はあまりにも有名ですよネ!!


b0087512_20371015.jpg
いやぁ~でも今回の素顔の出来は素晴らしいです!!

ちょっと思い悩んでいるような顔つきですが、哀愁があって実にいいです♪
今までのメディコムの素顔シリーズのなかで一番似てるんじゃないでしょうか。

これに青い矢印の入ったジェット型のヘルメットが付いていたら言うことなかったんですけどねぇ~~(^_-)-☆



b0087512_20375191.jpg

b0087512_20382539.jpg

旧2号ライダーの方は、1/6サイズのDX版同様、後期バージョンをフィギュア化したんだと思いますが、ちょっと顎のラインが細すぎるような気がしますが、悪くないです。

今回もまた“エラ張り”風にプチプチ改造しました(笑)。

b0087512_20383947.jpg
佐々木さんも藤岡さんほどではありませんが、マスクを被ってアクションをこなした事があるそうです。初登場のサボテグロンとのカラミの数シーンは佐々木さんご本人が演じてらっしゃるんだとか!大野剣友会の岡田さんに『やってみろバカヤロー!ちったぁ~変身後の仮面の中の苦労もわかっとけッ!!』って云われたそうです・・・。
大阪城をバックに写っているカルビーのライダーカードは有名ですが、この時も入ったのでしょうか♪
b0087512_20391172.jpg
b0087512_20414198.jpg

[PR]
by heroes-cafe | 2007-09-20 20:45 | Masked Rider | Comments(2)

今回はちょっとディープに♪
前回紹介した『バンダイHDMシリーズ』。

b0087512_18564293.jpg
私は素直に 『この価格でよく出来てるなぁ~』と思った。
大量生産ゆえの傷や部品取り付けの歪み、あるいは塗装やマーキングのズレは仕方がないと思う。それでも実に綺麗な作りだ!って感心していた。

そしてブログに記事をアップし沢山の方々からコメントを頂いた。

いつも大変お世話になっている我が師匠、ウルトラセブンvintageの管理人さんからもコメントを頂いたのだが、よく仕上がっている、並べて飾ると壮観だ!との言葉の他にこんな一文が添えられていた・・・。

『ただ…ね、成田デザインを理解してない。 サラリーマン造型師がCADで造り上げた製品なのだろうな、と・・・』

ウルトラセブンに対する愛情が人の何倍も強い我が師匠は、愛情が深い分、中途半歩な造型等には非常に厳しい批評をされる!今回もたぶん師匠の御眼鏡には叶わないんだろうなぁ~とはなんとなく想像していたが(笑)、イマイチその言葉の意味が理解できなかった(;^_^A


一昨日たまたまお逢いするチャンスがあったので、言葉の真意を理解すべく、どう云うことなのか詳しく伺った♪


b0087512_16114798.jpg
上記の画像をよく見ていただきたい。

左からバンダイHDMの3号、ブルマークのプラトイの3号、トイマークの3号をそれぞれ上部から撮影した画像なのだが、翼のカーブのラインをよく見比べて頂きたい!


HDM3号の翼のラインは綺麗なカーブを描いて後部までそのラインが変ることなく流れている。

一方、ブルマークとトイマークの翼のラインは前部が鋭角的なカーブと云うかストレートなラインを描きながら後方へ行くにつれカーブが掛った流れになっている。
師匠曰く 『ホーク3号の翼のラインは(HDMのような)一続きの弧のラインではない。トイマークのラインは多少強調しすぎの感もあるが微妙なストレートのラインから後方へ弧を描いて流れている・・・』と仰るのだ!!


う~ん、正直驚いた!?
今の今までず~っとHDMのような“まぁ~るい”ラインがホーク3号の翼だと思っていた!!たぶん『3号描いてみて?』って云われればペンをすーっと弧を描くように描いたと思う♪

残念ながら私が持っている書籍等ではそれを証明する決定的な写真がないのであれだが、講談社の写真集に写っている物の中に比較的判り易い写真があったので下に貼ってみた。

b0087512_1612543.jpg
ちょっと判りづらいが、そう云われれば翼のラインが師匠の仰るとおりのような感じがする!!



そしてもう一つ決定的に違う所があると師匠は仰った。
それはホーク1号のγ号のコクピット下の面構成が違うと云うのだ!?
b0087512_16133184.jpg
ピンクの線で囲った部分♪

b0087512_16131477.jpg
左がHDMのγ号、中央はかなり前に発売された同じバンダイ製の食玩の1号、そして右側はトイマークの1号。


トイマークのγ号の面構成は3号同様、多少大袈裟であるとは仰っていたけど、β号との接続部分に向かって若干下向きに△の面がもう一枚あることが重要なのだ!!っと云うのだ。

よ~く見ていただければ判ると思うが、HDMのそれはスーッとした1枚の面しかない!?

b0087512_16185066.jpg
上の画像は比較的最近発売された『ウルトラ超兵器大図鑑』と云う本に掲載されているイラストなのだが、1号のイラストをよく見ると明らかにもう一面あることがわかる!

う~~~ん、これも云われるまで判らなかった・・・ていうか気が付かなかった(;^_^A
ただ、前回のブログで1号の画像をアップするのにトイマークの1号と同じようなアングルで狙ったんだけどどんな風に角度を変えても同じような画が撮れなかった?!

なんとなぁ~く、HDMの1号は薄っぺらいなぁ~とは思ったのだが、その時は単純に縮尺の差で雰囲気が違うものだとばかり思っていたのだが、まさかそんな細かい面構成の違いによるものだとは思いもしなかった・・・(^_^;)

b0087512_16254745.jpg
ブルマァクのプラトイのホーク1号だってよく見るとちゃんともう一面、面があるのがわかる!!

『これこそが成田デザインなのだ!!』
と師匠は語っておられた。


つまりは、モデルを作る“作り手”がどこまで成田亨氏がデザインした物を“理解”しているかいないかだと。。。

サラリーマン造型氏が云々と云うのはそういうことなのだ!!



正直、いままで師匠の様々な既発の造形品に対する辛辣なコメントを『造る方もそれなりに頑張って造っているんだろうから、(多少似てなくても)そんなに酷評しなくても・・・』って思っていたのだが(汗)、今回漸く酷評の裏にある真意を理解する事が出来た!!!


買い手側の思いは様々である。
私のようにただ好きで多少のノスタルジックな思いからそれを求める者。師匠のように思い入れが強い分“ちゃんとした物”を求める人々・・・。


いずれにしても製品として世に送り出す以上、造り手はきちんと勉強し理解して、そして再現に真剣に取り組むべきである、と改めて思った、と同時に私ももっともっと深く知りたいと思い、またウルトラセブンと云う作品がますます好きになった(笑)。


何でも極めれば・・・“深い”(笑)。

そして師匠への尊敬の念が改めて強くなった事は言うまでもない!!
∠(^O^)
[PR]
by heroes-cafe | 2007-09-17 19:09 | ULTRASEVEN | Comments(8)

b0087512_16365877.jpg
バンダイの食玩です。
セブン生誕40周年と云うことでのウルトラ警備隊のラインナップだと思います。

以前にもホーク1号とマグマライザーは商品化されていたと思いますが、今回はホーク2号、ホーク3号と三機揃っての登場です♪


b0087512_18472783.jpg
またホーク1号はα号・β号・γ号と劇中同様に分離合体する仕様になっています!

ウルトラ系のプラモは組み立てた事がないので、こういうギミックは大きいお友達にも非常に嬉しいです(笑)。

b0087512_16374962.jpg
キュラソ星人に拉致されたアンヌを救う為に、空中で合体するシーンがありましたが、そんなシーンを頭に浮かべながら遊んでます(;^_^A

b0087512_18475157.jpg
α号とβ号には磁石が仕込んであり、合体後一応外れないような仕組みにはなっています。
β号とγ号はプロップの如くそれぞれの凹凸によりハマるようになってます。

b0087512_16381776.jpg
今年のウルフェスで当時のプロップ1号を見ましたが、食玩のα号のコクピットはちょっとノーズが膨らみすぎているような気がしますが、所詮は食玩ですから文句を云ってはいけません(爆)。



b0087512_16383886.jpg
ホーク2号はかなりカッコいいです♪

b0087512_16385695.jpg
サイドに3つあるブースター?はサンダーバード3号を彷彿とさせますネ。
一番地味な感じですが、やはり成田デザインは秀逸ですね♪


b0087512_1644252.jpg
私的に一番好きなホーク3号♪

b0087512_16394463.jpg
刃物を彷彿とさせる翼のライン、飛行機らしくないUFOみたいな形が大好きです!!
サンダーバードでは2号が一番のお気に入りなのですが、ホーク3号もマグマライザーを格納したコンテナを運んだりするところがお気に入りの一つかもしれません(笑)。

b0087512_16395925.jpg
『地底GO!GO!GO!』の着陸からコンテナを下ろし、マグマライザーが出てくるシーンはTBを凌ぐくらいシビれるシーンの一つです♪


b0087512_16403258.jpg
マグマライザーは以前発売されたものより一回り大きくコクピット下の車輪が回転します。どうせならドリルも回るように頑張って欲しかったです。

b0087512_16404857.jpg
微妙に違うような気もしますが、何せ“食玩”ですから・・・(~_~;)
b0087512_1641179.jpg



ポインターはβ号にホーク等に縮尺を合わせたようで、おまけの如く小さいのが付いています。今回は全てオープンBOXタイプなので大人買いしなくてもちゃんとフルコンプするのですが、シークレットと云うか別アソートがあり、このおまけポインターにはPO-Ⅰ号とPO-Ⅱ号の2種が用意されているようです!?

どうせホークとMRIの縮尺が違うんだから今回のラインナップに是非とも加えて欲しかったですね!!!


b0087512_16411356.jpg
ちょっと飾っておくにはとってもお手頃なサイズなので一家に4種いかがですか??(^○^)
[PR]
by heroes-cafe | 2007-09-12 18:52 | ULTRASEVEN | Comments(4)

むかし『ウルトラマンVS仮面ライダー』ってビデオ作品があったけど先週末はまさにそんな週末(どんなだよ?!)でした(^^♪


まずは土曜日。

仮面ライダー旧1号に特化したとあるH.P~3、4年前から出入りさせていただきBBSなどでお世話になっていたのですが~この度そこの管理人さんが所要で上京されると言う事で、関東近郊の友人が集結して歓迎を兼ねたプチオフを開催することになり、集まれる方は手を上げて♪ということで、是非一度お会いしたいと思っていたので図々しくも挙手をしてお仲間に入れていただき、宴席に参加させて頂きました!

G・マジンガーが仁王立ちでお出迎え♪
b0087512_1351277.jpg
一次会は代々木にある『ROBO太』と云うオモチャ屋さんみたいな居酒屋。濃ゆい方々が沢山居ました。(自分もか?!)

そして二次会は新宿・靖国通り沿いにある『銀座カンカン』と云う昭和レトロなお店。知り合いが喜びそうな雰囲気のお店でココは是非また来たいと思いました♪
b0087512_136232.jpg



ライダーフリークを自称しながらも実は“ライダー系”の方々の集まりに参加するのは、意外と初めてで、今回はお会いする方々全員が初対面の方ばかりで、柄にもなく多少緊張していたのですが、最初こそは遠慮しつつも所詮“O型”人間な訳で、いつのまにか態度“L”でお話しさせて頂いちゃいました(;^_^A


初対面とはいえある意味“志は同じ”?なので、色々と“濃い”お話し聞かせて頂きとても楽しい時間を過ごさせて頂く事が出来ました!!


お集まりの方々の中には、以前よりふらぁ~と寄らせて頂いていたH.Pの管理人さんもいらっしゃり、またまたヲタクライフが充実しそうです!?(爆)。


b0087512_0572485.jpg
ご参加の皆様、本当に色々お世話になりまして有難うございましたm(__)m
調子に乗ってあれこれ突っ込んだことをお聞きしまして大変失礼いたしました(;^_^A
これに懲りず今後ともどうぞ宜しくお願い致します♪

見たことないのに持ってるアマゾングッズ(爆)。何でアマゾンかは・・・(^◇^)



一夜明け日曜日☆

b0087512_1132421.jpg
三鷹市美術ギャラリーで開催中の『怪獣と美術―成田 亨の造型芸術とその後の怪獣美術―』展にTAC7の仲間と行って来ました!

b0087512_1251100.jpg
成田 亨氏のデザイン画や絵画、あるいは彫刻等を中心に、池谷仙克氏のデザイン画、高山良策氏のデッサンや絵画、それに原口智生氏の造形品が多数展示されていてヲタク心を非常にくすぐられる展示でした♪

b0087512_122957.jpg
各氏のデザイン画等は昨年、岡本太郎美術館で開催された『ウルトラマン伝説展』あるいは世田谷文学館での『不滅のヒーロー・ウルトラマン展』でもいくつか見ることができましたし、今回の展示品の中にも数点同じものがありましたが、初めて目にするものが殆どで、遅れて来たヲタクにはかなり衝撃的なものばかりでした!?



美術館を後にしお次は、『鷹場の湯』という天然温泉が湧き出る日帰り温泉でプチ旅行の風情を楽しみました♪

b0087512_1263895.jpg
お天道様が高いうちから入る露天の湯。この上ない贅沢です!!(笑)

ひとっ風呂浴びた後には美味しいお酒♪(爆)。
あまり飲めない私でもこういう時の風呂上りのビールは格別!
作務衣のような館内着でみんなで寛いでいると本当にどこか旅行にでも来た気分でした♪♪

二日連荘の飲みでもうふらふら状態でしたが、ラストにもう一軒みんなにお付き合いし烏龍茶で乾杯(;^_^A


いやぁ~それにしても楽しい週末でした♪
b0087512_148987.jpg

今回もご一緒させて頂きました♪
ゆり子さん有難う御座いましたm(__)m


今週末も来週末もヲタクなスケジュールが入っている秋の陣。
お買い物を控えねば・・・(^^ゞ
[PR]
by heroes-cafe | 2007-09-11 01:29 | Cafe Break | Comments(5)

週中の水曜日、東京・錦糸町にある「すみだトリフォニー・ホール」と云うところに久々にクラシックなんぞを聞きに行ってきました♪

b0087512_20214448.jpg
~蒔田尚昊・冬木透の宇宙 交響詩『ウルトラセブン』~と題された演奏会で、冬木先生がまさに“先生”として教鞭を振るっていらした桐朋学園高等学校時代の教え子さんたちが企画されたいわば“トリビュート”的な演奏会で、セブンをはじめ『冬木透』のペンネームで作曲されたものと、ご本名の『蒔田尚昊(まいたしょうこう)』の名で作曲したクラシック・教会音楽の両方を取り上げた内容の演奏会でした。

今回はフルオーケストラではなくピアニスト5人に、ヴィオラ×1人、チェロ×1人、パーカッション×1人、フルート×1人といった9人編成。


TBS時代に担当されたTVドラマ『レモンのような女』や、『帰って来たウルトラマン』の有名な“ワンダバ”、またNHK朝の連続テレビ小説『鳩子の海』の劇中曲といった耳馴染みの曲もありましたが、なんと云っても演奏会のタイトルであり、冬木先生の代表作『ウルトラセブン』を5楽章から成る交響詩にご自身が編曲した“交響詩・ウルトラセブン”はまさに圧巻でした!!


演奏が始まったとたん、目の前にセブンの名シーンが走馬灯のように次々と浮かんで来ました♪


作戦室の緊迫したシーン・・・
ヤマオカ長官や、タケナカ参謀、キリヤマ隊長の厳しい表情・・・。
b0087512_8442272.jpg


b0087512_8445197.jpg
宇宙人とウルトラセブンとの死闘、防衛軍基地を飛び立ち怪獣と交戦するホーク1号や3号、宇宙空間へ向け飛び出していくホーク2号・・・。

b0087512_8451982.jpg
神戸港で暴れるキングジョー、不敵な笑いを浮かべるガッツ星人、ゴース星人の地底基地から次々と発射されるミサイル群・・・

b0087512_8454061.jpg
地球人と宇宙人との板挟みに苦悩するダン・・・。


『なぜ逃げたりなんかしたの?・・・ねぇ・・答えて・・・』
『ダン・・』

 
b0087512_8524854.jpg
最終回のあのシーン・・・
隣の隣に座ってらしたゆり子さんが台詞を喋ったのかと錯覚するくらい、本当に台詞が聞こえたような気がしました♪


いやぁ~至福の時間でしたね!!



たまにセブンのサントラなどを聞いたりしますが、こうして生演奏で聞いてみて改めて劇中曲がいかに場面を盛り上げ、印象的なものにしているかと云うことを再認識させられました。


今回のような編成の音もとても良かったのですが、是非フルオーケストラで聞いてみたい!!って思ったら・・・


実はちゃんとCDが出ていたんですね!?(;^_^A
早速ネットで注文しちゃいました♪♪

どんな風な感じなのかとても楽しみです!!



演奏会の最後には冬木先生がご挨拶に舞台に上がられ、そして先生自らの指揮により『ウルトラの母のバラード』がアンコールとして演奏され終演となりました。



そうそう、会場にはご一緒させていただいたゆり子さんはじめ、桜井さん、飯島監督、ウルトラマンメビウスの渋谷プロデューサーに、話題沸騰中の円谷の新作『ULTRASEVEN X』の表プロデューサーもいらっしゃっていました!?



冬木先生には演奏休憩時間の合間にヲタクの本領を発揮し、無理をいってサインを頂戴しちゃいました♪
b0087512_9112568.jpg
b0087512_9114161.jpg
b0087512_9115515.jpg


『先生、本当に有難う御座いました。一生の記念となりました♪♪』
[PR]
by heroes-cafe | 2007-09-08 08:52 | HERO☆JUNREI | Comments(4)

b0087512_15161117.jpg
次々とリファインが実行されているRAHのライダーシリーズ。
で、これは1/8サイズ、220シリーズのDX版・新1号と2号です♪


b0087512_15171086.jpg
兄貴分の1/6シリーズ同様、本当にカッコよくなりました!

b0087512_15174810.jpg
いつも思うことですが、折角グローブのパーツが複数セットされているので、たまにはもっと違ったバリエーションの握り手・開き手をセットして欲しいものです。

b0087512_15183596.jpg
それとブーツも甲の部分がもっと曲がって、しゃがみポーズや、踏ん張りポーズが容易に付けられるような更なる改良を期待したいです!!

b0087512_15191234.jpg
スーツの襟の部分の処理も、もう少しスマートになるともっと実物に近づくと思うのですが・・・。
b0087512_15193171.jpg



え~、ようやくおもちゃっぽいネタがアップできました(;^_^A
なかなか写真を撮る時間が作れなくって・・・(苦笑)。

b0087512_15205689.jpg
本当はもっと場所を選んで雰囲気出したかったんですが、とりあえず何かアップしたかったのでベストショットって訳には行きませんが、雑誌等のポーズを出来うる限り再現してみました♪


b0087512_15211352.jpg
岩のゴツゴツした海岸や磯でロケが出来たら云う事ないんですが(^○^)

海水浴客が居なくなったら実行しますか?!(爆)。


捨て難かったので・・・トリミング違いと云うことで・・・♪
b0087512_1611488.jpg

[PR]
by heroes-cafe | 2007-09-05 15:24 | Masked Rider | Comments(2)
HEROES☆CAFEへようこそ♪ 幼い頃に出逢ったヒーローやヒロインにもう一度逢いに行きませんか・・・