23日の日曜日に行われた、ウルトラQ、マン、セブンの三作品に出演された佐原健二さん、西條康彦さん、桜井浩子さん、黒部進さん、ひし美ゆり子さん、森次晃嗣さんの六名が一堂に会してのまさに夢のようなトークショーに行って来ました!

友人たちと9時に現地集合だったのですが、余裕で遅刻(;^_^A。

b0087512_031123.jpg
それでも30番目ぐらいだったでしょうか。49階のフロアにて12時まで待機の予定でしたが続々と押し寄せるヲタクたちに主催者サイドの計らいにより、結局11時より整理券配布開始♪私などは早めに貰えてラッキーと思ったのですが、中には『約束が違う!』と主催者に詰め寄る方もいらしてなんともお粗末な感じでしたが、とりあえずは無事に整理券ゲット!座席は指定制でしたので、会場時間まで時間をつぶすことに・・・。

b0087512_2358724.jpg
腹ごしらえをして、上の博覧会も再びじっくりと見て、いよいよトークショーへ。
プレス席2列と一般席一列を挟んで前から4列目。早く来た甲斐がありました。プレス席には原口智生氏のお姿も♪会場に来るエレベーターでは円谷プロ社長の森島氏と同乗でした。その他ULTRASEVEN Xの表プロデューサーも会場で忙しそうにしてらっしゃいました。

b0087512_23583492.jpg
さて壇上には多少は段取りが上手になったウルフェスでお馴染みの向井アナが登場し、向井アナの紹介で佐原、西條、桜井、黒部、ひし美、森次氏の順番で登壇されトークショースタート!

折角これだけの方々が集まったのにトークは1時間ほどの時間でしたので、なんかあっという間でしたが、楽しいお話が色々聞けました。

b0087512_002898.jpg
ウルQ組は佐原さんが撮影の過酷さを切々と訴えてらっしゃったのが印象に残ってます。
何もかも一から手探り状態の中での現場だったそうで全28話を作るのに1年半も掛ったんだそうです。
また撮影は早朝から深夜まで休み無く続き、お昼は安いお弁当、夜食には“握り飯”。本当に大変だったそうです!?(円谷)一さんの思い出と云う話題のとき、桜井さんが赤坂によく飲みに連れてってもらった、とかセブン組は成城や近所にスタッフみんなとよく飲みに行ったなんて盛り上がったら、さすがに西條さんが『冗談じゃない!!』って怒ったのには会場大うけでした(笑)。
b0087512_015613.jpg
マン組の桜井&黒部ペアーは相変わらずの“夫婦漫才”のようで黒部さんのボケに桜井さんが鋭く突っ込むと云うパターンで大いに会場を沸かせてくださいました。

b0087512_9253029.jpg
そして今回のトークショー中最高に盛り上がったのは何と云っても40周年を迎えたセブン組のひし美・森次両氏の爆弾?発言ではなかったでしょうか・・・!?

b0087512_9255818.jpg
実相寺監督の思い出と云う話題の時でした。よく変な場所から撮ってたって話の次に森次さんが実相寺作品は実はもう一本ある。ここに居る桜井さんもゲスト主役で出てる。タイトルは『遊星より愛をこめて』って云うんですョ!!ってまぁ~大勢の前で云っちゃったんです(^○^)。
b0087512_9261025.jpg

さすがに桜井さんが厳しい表情をされてましたが、さらにゆり子さんが『実相寺監督はもちろん脚本の佐々木氏も陽の目をみることを願いながら鬼籍に入られました。』『とってもいい作品なんです!是非供養のためにも・・・』と仰られて会場はこの日一番の大きな拍手が起こりました。

『皆さんの応援があれば直ぐにもDVD化されて・・・』とさらに森次さんが繋いで大きな歓声と拍手が沸き起こりましたが、さすがはダンとアンヌ♪40年ぶりにダンとアンヌとしてTVで共演し、さらに公衆の面前でこの爆弾発言!!

b0087512_926321.jpg
ゆり子さんが一部で12話解禁に対して発言されることはありましたが、主役のダンまでが公然と12話を肯定する発言をされるとは思いませんでした。円谷も体制が替わり色々大変なようですが、こうしたことがきっかけでいい方向に向かうことを願ってやみません。

今回はVTR撮影が入っていましたが、12話発言がカットされるか否か?TYOの太っ腹なところに是非とも期待したいです!!

ゲストの皆さんにはそれぞれお逢いしたことはありますが、こうして全員が集まるとやはり感動せずにはいられませんでした♪♪

b0087512_2058878.jpg
後編は『ULTRASEVEN X DVD発売記念スペシャルイベント』と題して放映が終わったばかりのセブンXから主役のジンこと与座重理久さんと、ケイこと脇崎智史さんがゲストとしてお越しになりました。そしてさらにスペシャルゲストとしてダンこと森次晃嗣氏、アンヌことひし美ゆり子さんが再登場され、新旧のウルトラセブンが初めて同じ舞台に立つと云う感動的なシーンとなったのでした。
b0087512_2064918.jpg
セブンX最終回は、御覧になった方はお判りでしょうが、まぁあのような形になりましたが、ジン、ケイら出演者もラストがどうなるのかギリギリまで知らなかったんだそうです!?ですから演じてる方たちも本を読み、実際に演じ終えて『ああ、そういうことなのか・・・』と思ったそうです(笑)。

b0087512_9265066.jpg
一方ダンとアンヌに最終回の感想が求められたのですが、森次さんは『なんか白い衣装着せられて、ねぇ~・・・。自分で運転して現場まで行ったんだけど遠かったぁ~』となんかあまり的を得ないお答えでしたが、それもそのはずで一度もセブンXを見た事が無く、台詞も無くただ湖畔(ロケ地は本栖湖)を歩いただけでしかもラストにちょこっと出ただけですから特別感想と云われても無理もないのかも知れません。

一方ゆり子さんは『(ジンたちと)からみは無かったけど現場でのジンのエスコートが嬉しかった♪』と。ゆり子さんのブログに大博覧会レセプションの時に撮ったジンとのツーショットが載ってましたが彼の人柄がよく現われているエピソードだと思います。森次さんは以前別の現場で、既に与座さんと共演されていたんだそうですが、最終回の撮影の時に現場でジンと対面しそこで初めて彼がセブンを演じてると知ったそうです。

後で聞いたお話ですが、森次さんは与座さんの事を男性からも好かれる久々のヒーロー役が似合う男だと賞賛していたそうです。
b0087512_20582844.jpg
与座さん脇崎さん共に、『何とか映画化して欲しい・・・ 是非皆さんのお力添えで・・・』と懇願されてましたし、我々ファンとしてもたった12話で終わらせてしまうのはなんとも勿体無いと思いますので、ライダーや戦隊のように是非とも映画化が実現して欲しいものです!!


ウルトラ生誕40周年を締めくくるのにふさわしいBigなイベントでした!!!おわり
[PR]
by heroes-cafe | 2007-12-26 09:44 | HERO☆JUNREI | Comments(8)

先週(;^_^A 9日の日曜日、六本木ヒルズで開催中の『ウルトラマン大博覧会ROPPONGI天空大作戦』に行って来ました♪
b0087512_15322116.jpg

六本木と云うと16年前まで3年間ほど西麻布にあった会計事務所に勤めていたので、当時は毎日通っていた場所でしたが、先日、元防衛庁跡地に出来た『ミッドタウン』に行ったときについでにヒルズまで足を伸ばして行ってみたんですが、あまりの変りようにビックリしたものでした!?
b0087512_15325196.jpg

日産ギャラリーやロフトにあったWAVE、よく昼飯食べた定食屋etc、み~んな無くなってました・・・。

“十年一昔”とは云うけどまさに浦島状態でした(;^_^A
b0087512_15331193.jpg
で、初訪問の六本木ヒルズ。
カミサンはじめ行った人から“必ず迷うョ!”と云われてたんですが、案内ポスターに従って行ったら迷わずにちゃんと展望台入口に着きました!(笑)。
b0087512_15334596.jpg

b0087512_15335867.jpg

直通エレベーターに乗り美術館のある52Fへ。
b0087512_15341258.jpg
10時ちょうどに入ったせいか人影もまばら(笑)。
まぁ所詮はヲタク向けのイベントだから無理もないのか・・・。

b0087512_15343016.jpg
まず入口を入ると怪獣着ぐるみ達がお出迎え。
今回の展示はウルトラ40周年イベントの最後を飾るべく、初期三部作、Q・マン・セブンに焦点を絞っての展示なので、それぞれの怪獣・宇宙人が並べられていました。
どれもアトラク用?の着ぐるみなのでもうデザインはグズグズですが、ココだけが唯一撮影OKなので、記念にパチリ♪と撮ってきました。
b0087512_15345343.jpg


怪獣回廊を抜けると作品に携わったスタッフ、キャストのプロフィール紹介のコーナーへ。
ココで目を引くのは円谷英二氏の蝋人形風のジオラマとでも云うのでしょうか、椅子に腰掛けた英二氏の人形の周りに当時のキャメラや撮影用の小道具みたいなものが展示されていました。

その次はQ、マン、セブンと順番に当時の資料や台本、現存するプロップやそれらのレプリカ、さらには当時のソフビ等のおもちゃや少年雑誌等といった展示が続きますが、殆どのものは昨年に行われた、“2006ウルフェス”、岡本美術館での“ウルトラマン伝説展”、世田谷文学館での“不滅のヒーロー・ウルトラマン展”、それと今年開催の“2007ウルフェス”三鷹市美術ギャラリーでの“怪獣と美術”等で展示された物と同じだと思います。

今回は少年雑誌やソノシート等に使われたヒーローや怪獣を描いた挿絵等の原画と大阪万博の際、三菱未来館で上映された英二氏が監修された最後の映像、それと当時のCMのフィルムやポスターの展示が特筆すべき物ではないでしょうか。

ただ同じと云っても恐らく今後これだけのものを目にすることはもうないでしょうから、最後に目に焼き付けておく為にも一度見に行かれることをお勧めします!!

M1号謹製5円引き風ブロマイド。オープン初日に行った友人にお願いして買ってきてもらいました。Kさん有難う(^_-)-☆
b0087512_15354915.jpg
ひと通り見たあとはお決まりのお買い物♪
ヲタク心を揺さぶる商品が沢山ありましたが、M1号さんの商品だけは売り切れてました。
b0087512_1536811.jpg

六本木を早々にあとにし、地下鉄に乗り次の目的地『日比谷』へ。

私的にはそれほど興味は無かったのですが、ご一緒した友人が“ゴジラフリーク”でしてシャンテの広場にあるゴジラの彫像を見てきました。
b0087512_1538181.jpg


2mくらいの大きな物を想像していたのですが意外と小さくてガッカリ(-_-)
今公開中の『続・三丁目の夕日』にも登場するくらいですからもう少し立派なものにして欲しいものです。


そして予定にはなかったのですが、折角日比谷まで来たんだから、やっぱりあそこへ行かないと・・・と云うことでウルトラセブン第9話“アンドロイド0指令”でロケが行われた松屋・銀座店へ行って来ました!!

日比谷シャンテから晴海通りを南に向かいます。
有楽町マリオンを左に見て、JRのガードを潜ると、宝くじ販売で行列の出来る『西銀座チャンスセンター』があります。この日も沢山の人が“一攫千金”を夢見て並んでいました。

さらに進み、銀座・和光と三越の向かい合う中央通りを左に入っていくと右手に松屋デパートがあります。
b0087512_1539935.jpg
ちょうど日曜日とあって歩行者天国の時間でした。ココは銀座で一番にぎやかな通りでしょうか♪
和光の隣はあんぱんで有名な『木村屋』。その隣は『山野楽器』、さらに隣は真珠で有名な『ミキモト』。

b0087512_15392731.jpg
松屋の前は『CHANEL』。松屋の東隣は『BVLGARI』。伊東屋を挟んで向こう隣は『Tiffany』。そしてブルガリの向かいは『Cartier』。松屋の1Fは『ルイ・ヴィトン』(笑)。しかも今、松屋は店舗全体がヴィトンの“マルチカラー”にラッピングされていて非常に華やいでいます。
b0087512_19602.jpg

名前こそ知れど縁のないお店ばかりです・・・(苦笑)。

さて早速店内へ入りお目当ての屋上を目指します!

屋上へ着くとそこはデパートではお決まりのペットコーナーでした。今でも沢山の水槽が並んでいます。
西側から見た屋上全景
b0087512_1905833.jpg
外へ出ると屋上の中央部分は簡易喫茶コーナーとなっていて沢山のテーブルと椅子がしつらえてあり自販機が数機用意してありました。ちょうどお昼過ぎと云うこともあり、お弁当を食べてらっしゃる方もちらほら。

b0087512_15405559.jpg
その昔多くのデパートの屋上には遊戯施設があり『ミニ遊園地』の様相を呈していたものですが、現在でも屋上に遊具のあるデパートはもう無いのではないでしょうか。昭和47年に起きた大阪・千日デパート火災、翌年48年の熊本・大洋デパートで起きた大火災などがきっかけとなったようで、その後消防法が見直され、そのあたりを境に徐々に屋上から遊具が消えて行ったようです・・・。

b0087512_15414472.jpg
この松屋に関しては、案内所でお話を伺った社員の方の記憶によると、この方は入社されて35年になるのだそうですが、入社当時にはもう屋上には遊戯施設は無かったと思うと仰っていましたのでロケ終了後いち早く撤去されたようです。

銀座店の開業は今から82年前の1925年、太平洋戦争を経て1954年に全館新装開店、その後1978年にリニューアルオープンしてから現在に至るまで3度のリニューアルを行っているようなので往時の姿は殆ど残っていません・・・。

b0087512_1914621.jpg
さて肝心のロケ現場ですが当然遊具は撤去されていていますので手がかりになるようなものは見つけられませんでしたが、現在ゴルフ練習所として使われているところが当時遊具があった場所だと前出の社員の方が仰っていました。

ただ帰ってから画像を確認してみて、唯一その痕跡が確認できました!!
b0087512_15444654.jpg
b0087512_1545373.jpg
二枚の画像の水色で囲ってある部分、ちょうど現在は事務所になっている『MG』マークが大きくしるされている、建物で一番高い北側の部分の小窓が同じに見えます♪

b0087512_15453018.jpg
b0087512_15455951.jpg
番組のエンディングでもセブンからダンに戻った所に隊長以下の隊員たちが駆け付け、帰ろうとする先に階段らしきものが見えますので、床に防水コートを施してある以外は恐らく躯体そのものは当時のままではないかと思います。

屋上から下へ降りる建物内の階段が一番古めかしい感じが残っていたような気がします。


b0087512_15461747.jpg
エレベーターで下へ降り、いわゆる“正面玄関”へ回ってみると入口横に昔のロゴマークであった『松鶴マーク』がきちんと残っていました。
b0087512_11302965.gif


画像はありませんがアナウンスと共に暗闇で動き出すエスカレーターも入口を入った建物中央あたりにありました。おそらく位置は変わっていないと思われます。
b0087512_1852555.jpg
b0087512_1953789.jpg

映像に写っている松屋はシャッターは薄汚れているし、建物内部から見た中央通りの映像も向かいのビル前には白い柵が見えるし、さすがに隔世の感はあります・・・。

帰りはそこから歩いて有楽町駅へ向かったのですが、駅前には『有楽町イトシア』と云う丸井をメインにした新しい商業施設が出来てました?!(;^_^A

銀座にセブンが!?
b0087512_1556265.jpg
知らないうちにどんどん変っていく“東京”
『昭和』はもはや映画やドラマの中にしか存在しないようです。。。



おまけ:
アンドロイド・ゼロワンと言えば小林夕岐子さん♪
残念ながら現在は女優業を引退されていらっしゃいますが、3年前ファミリー劇場の『ウルトラ情報局』にゲスト出演なさったり、2年前にはご自身出演のDVDのオーディオコメンタリーを務められたりとほんの少しだけですが表に出たりされていらっしゃるようですが、実は先日ご本人にお逢いする機会がありました。
b0087512_1556443.jpg
今でも変らずとてもお綺麗で素敵な方でした!
[PR]
by heroes-cafe | 2007-12-18 19:18 | SEICHI★JUNREI | Comments(6)
HEROES☆CAFEへようこそ♪ 幼い頃に出逢ったヒーローやヒロインにもう一度逢いに行きませんか・・・
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31