仮面ライダー2号こと一文字隼人を演じられた佐々木剛さん主演のお芝居『改造人間哀歌2~星空の約束~』を土曜日に観に行って来ました!
b0087512_19325864.jpg

佐々木さんのお芝居を観るのは『戦闘員日記』以来だから、実に8年ぶりです!?((((((;^_^A


今回は“2”ということで、つまりは当然“1”があったわけで(笑)、昨年の秋に上演されたのですが、『還暦を迎えたヒーローの願い』というテーマで、我々が子供の頃憧れたあの隼人兄ちゃんがそのまま年を重ねたというようなシチュエーションで物語が展開して行くのですが、ただ世の中には「著作権」というまぁチョいと面倒くさい“ルール”があるので、佐々木さん演じるところの主人公には“男”としか役名がないのですが(~_~;)、そこはそれ暗黙の了解というヤツで、観るこちら側は“そのつもり”で拝見する訳です!!(笑)。
b0087512_19335438.jpg
前売り券を買って来てくれた人全員に、佐々木さんから特別にプレゼントされた色紙

若い頃“ある組織”に囚われ改造人間となってしまった男が、愛と正義と平和のために体も心もボロボロになりながらも闘い続けていたが、正義と悪の判別がわからなくなり、ついに戦うことを止めてしまう。

そんな男の元に、あの組織が再び行動を起こし始めたという知らせが入るが、男は頑なに戦うことを拒否するのだけど、仲間の友情に支えられ、再び悪を打ちのめすために立ち上がる・・・というところで前回エンディングを迎えたのですが、本当はこれで完結するはずだったらしいのですが、佐々木さんがカーテンコールで続編をやります!!っと云ってしまったために今回の“2”が上演の運びとなったそうです(笑)。

Part“1”は全編シリアスな雰囲気でしたが、“2”は“1”以上に笑いの要素が盛り込まれていて、途中違う方向へ行きそうになりつつも(;^_^A、ところどころにライダーヲタク向けの思わず笑ってしまうような仕掛けもちりばめられていて、例えば主人公にサボテンの鉢植えと“グロンサン”という強壮剤を差し入れたり、ビールを飲んでいる所にイカのツマミを用意したり、あるいは悪夢にうなされた主人公が「なってねぇなぁ~・・・」とまるでどこかの特撮番組で見たことがあるようなシーンがあったりと、かなり“ツボ”に入りました(爆)♪

佐々木さんが持ってらっしゃるマスクと変身ベルじゃなくて「エネルギー変換装置」は三枝徹氏の造形だそうです♪
b0087512_19353582.jpg

『改造人間哀歌』はこれで完結のようですが、近いうちにどうか“オフィシャル”な形で、ウルトラ映画にダンディ4がそのままの役でご出演されたように、仮面ライダーでも本郷、一文字、風見等のそれぞれのキャラをオリジナルの方々が演じるような新作を是非とも実現して欲しいものです!!

私的には、あれからそのままの年数が経ったというような設定で、多少力が衰えたところへ、出演してくれそうな『アギト』や『響鬼』あたりが助っ人で登場してくれると結構いい感じになるんじゃないかと思うんですが・・・ダメ?!。。。(^O^)


佐々木さん素敵なお芝居を有難う御座いました♪
齢を重ねた“漢(おとこ)”の悲哀が出ていて、とても感動しました!
はらわたに染み入るような魂の叫びも良かったですが、
グラスを傾けながら何をか想う憂いを秘めた演技には本当にグッと来ました・・・・(男泣)

どうかこれからも益々お元気で、また“熱い”芝居を見せてください!!

b0087512_19383753.jpg

[PR]
by heroes-cafe | 2009-07-21 19:51 | HERO☆JUNREI | Comments(0)

ようやく主催者様を通じて画像掲載の許可が下りましたのでちょっと遅くなりましたが・・・(;^_^A



6月27日から、7月5日まで、“横浜人形の家”という所で、『山田ゴロと愉快な仲間たち』というマンガ原画展が開催され、28日の日曜日にその企画イベントのひとつとして、「人造人間キカイダー」でジロー役を演じられた伴大介さんと、「キカイダー01」でイチローを演じられた池田駿介さんの“キカイダー・ブラザース”揃ってのトークショー&サイン会が催されるというので、このまたとないチャンスに参加して来ました!!


久しぶりの横浜。
映画「ウルトラ8兄弟」のロケで元町に来て以来です!

会場である横浜人形の家は山下公園の目の前にあり、すぐ近くには一時期閉鎖されていた“マリンタワー”が建っていたのですが、以前は紅白に塗られていたタワーが現在はオールシルバーに塗り替わっていました!?

ちょっと違和感を覚えつつ、小雨降るなか会場へと向かいました♪


4Fにあるトークショウの会場へ入ると、ステージにはお二人がお座りになるであろう椅子が二脚にテーブル、それとその後方には、真っ白な模造紙を貼ったようなボードが二つ用意されていていました???

開始時間ちょい前に司会の方が出ていらしたのだが、それがマイミクさんでビックリ!?(爆)。

軽い前説の後、いよいよお二人登場!!
b0087512_0373544.jpg

以前に公式HPの画像で見たときはほっそりとされていたような印象だったけど、目の前に現れた伴さんは、少しふっくらとされたような感じで、まさに“ジロー”でした♪

池田さんは、さすがに現在もモデルさんだけあってなかなかのファッションセンス。メガネのデザインがお洒落でした♪ちょっとお痩せになったような感じだけど、浅黒く日焼けされていてカッコいい!!“イチロー”でもあり“南隊員”だッ!!

生意気な言い方かもしれないけど、お二人ともいい年の取り方をされているように感じました♪


まずは、会場である“横浜”にちなんだ想い出などが語られるなか、伴さんが某イベントで牧れいさんにお逢いになられたという話をされたら、池田さんは「緊急指令10・4・10・10」で共演されていたので、牧さんのお話でちょっと盛り上がりました♪

つづいて、先月5月にハワイで行われたイベントの模様が伴さんから語られ、毎年ハワイへ行かれているそうですが、もういい加減ブームというか熱も冷めるんじゃないかと思いながら行くと、毎回凄い盛況ぶりで、4,5歳程度の子供がなんと日本語でキカイダーの歌を歌うんだそうです!(驚)。

b0087512_0385665.jpg

また2001年にお二人揃ってハワイへ行かれた時のイベントのエピソードも色々語られ、池田さんがお話になって一番面白かったのが、とにかく何処へ行っても、もの凄い歓迎振りでアラモアナSCのとあるお店で、店の人が“好きなものなんでも持って行ってくれ!!”って云うんだそうです(笑)。ただ、写真を一緒に撮ってくれればいいと♪『俺は大スターなんじゃないのか?!』って思うほどだったとか。

だから日本に帰ってきてからのギャップに、暫くはガッカリしたそうです(笑)。

b0087512_0393143.jpg

また放映25周年にお二人共著で『キカイダー讃歌』を書かれたときに、石ノ森先生のご自宅へうかがった時のエピソードも語られ、池田さんは01を演るにあたり、撮影前に直接先生から「自分の思うとおりにやればいい!!」とのお言葉を貰い、原作のコミックには全く目を通さずに演じられたそうで、後年原作を読む機会があった時にあまりのギャップに『先生に申し訳ないことをした・・・』っとずっと気にされていたそうです。

で、先生のお宅にお邪魔した時その辺ことを詫びたら、『原作とTVは全く別物だし、(あれはあれで)凄く良かったョ♪』とお言葉をかけていただいて、思わず男泣きしてしまったそうです。。。

この辺のくだりは、その本にも書かれていますよね!



そんな感じでトークが盛り上がっている最中に、漫画家の山田ゴロ氏とイラストレーターの工藤稜氏のお二人が登壇し、“キカイダー・イラストバトル!!”といった趣向で、キカイダーをテーマに先程のボードに即興でイラストを描き始められたのです!!

お二人の作業中もトークの方はどんどん盛り上がって行き、池田さんから会場に集まったファンへ質問を促すと・・・

ビジンダーこと、志穂美悦子さんの印象を聞かれると、『可愛らしかった♪』『最初のシーンは、全て師匠である千葉真一さんが一緒に来られて殺陣を付けていた』『アクションシーンは本当に素晴らしかった!!』等々、想い出が披露されました。

現在は某シンガーの奥様ですが、是非ともこういったイベント等に登場して頂きたい方のお一人です!!

b0087512_041895.jpg

他にも幾つか質問が上がりましたが、伴さんは訥訥とお話になられる方のようですが、逆に池田さんは声も大きく(笑)、結構“熱く”語られるお方で、お二人の話される様子を聞きながら、思わず『まるでジローとイチローそのままだな!?』って感じたのは私だけではなかったと思います♪(^O^)


そろそろトークショーも終わりという頃に、お二人の絵も描きあがり、それはそれは素晴らしい出来栄えでした!!

b0087512_041525.jpg

山田ゴロ先生は石ノ森先生のアシスタントをされていた方で、本格デビューが『キカイダー』だったそうです。実は私、つい最近までいわゆる石森コミックは基本的に全部先生がお描きになって、背景のような物はアシスタントの方が描かれているもんだとばっかり思ってたのですが、先生のお描きになった鉛筆の下書きを全部アシスタントの方が描かれていたんですね!?

その辺の事はゴロ先生のHPにも書かれていましたが、全然知りませんでした・・・(;^_^A

だから、ゴロ先生の出来上がった絵はまさに“石ノ森テイスト”溢れるというかそのもので、えらく感動しました!!(T_T)


工藤稜先生は大変お若い方で、正直全く存じ上げなかったのですが(~_~;)、公式HPでプロフィールを拝見して、特撮系の書籍『○○○大全』シリーズの表紙画を手掛けられていた方だったんですね!?

b0087512_042238.jpg

出来上がった画も写実的って言うのかな?非常にカッコ良くて綺麗にまとまったこちらも素晴らしい出来栄えでした!!ショーが終わった後も熱心に筆を入れていたところが、いかにも実直というかお人柄が出てました♪(笑)

ダブル変身!!
b0087512_043423.jpg

最後に素晴らしいお二人の画をバックに記念撮影が行われお開きとなりました!!



『池田さん、伴さん、お二人に揃ってお逢いできるなんて本当に夢のようでした♪お二人がこの“キカイダー”を実に大事にされているご様子がお二人の口から直接我々ファンに“熱く”伝わってきて本当に嬉しかったです!!お二人も仰っていらっしゃいましたが、仮面ライダー人気に隠れがちのキカイダーですが、故石ノ森先生もライダーより思い入れが強かったキャラクターだったようですし、伴さんが“ギル”を演じ、池田さんが“光明寺博士”を演る準備は出来ていると!仰ってらっしゃいましたので、アニメではなく実写のしかも続編で“00(ダブルオー)”として陽の目を見る日を楽しみに待ちたいと思います!!また我々ファンも新作が作られるよう、陰ながら応援させて頂きます!!本当に有難う御座いましたm(__)m』
b0087512_0452847.jpg
よく見ると、池田さんのメガネのツルの部分、レッド&ブルー!!二種類お持ちなんですネ!?流石☆

おわり☆
[PR]
by heroes-cafe | 2009-07-17 08:37 | HERO☆JUNREI | Comments(4)
HEROES☆CAFEへようこそ♪ 幼い頃に出逢ったヒーローやヒロインにもう一度逢いに行きませんか・・・
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31