☆科特隊、HMV渋谷に集結!!☆

b0087512_21301857.jpg
今日渋谷のHMVで「DVDウルトラマンコレクターズBOX」の発売を記念してトーク&サイン会が開催された。

トークショウは観覧無料だが、サイン会へ参加するにはHMV渋谷でDVD-BOXを購入した先着50名限定という事だったので前々からDVDを買うきっかけが無かったので、今回これを逃す手は無いとおもい思い切って予約購入した。

待ちに待った今日、会場へ着いてみると何組か親子連れも居たが殆どが怪しげなおっさん達。
まぁ、いるわいるわ!!自分もその仲間に加わり待つこと30分。MCのかわいいお姉さんの登場とともにイベントスタート。

まずはハヤタ隊員こと黒部進さんがトップバッターで紹介され、例のブルーのジャケットを羽織って登場。

胸にはちゃんと“流星マーク”が付いている!だが下のパンツはアロハの如く派手目。
さすが主役、とても目立っている。おお~まさに“生”ハヤタである!

簡単な挨拶の後、続いてアラシ隊員こと毒蝮三太夫さんが呼ばれる。

『いつもはババァばっかだけど、今日は小さい子も居るが、ん?でももうすぐジジィみたいな奴ばっかり・・よく集まったもんだなぁ~』

さすが蝮さん“つかみ”はバッチリ。

前出の黒部氏とお笑いコンビのごとく会場を笑いの渦に誘いながら掛け合いが繰り広げられ、続いてイデ隊員こと二瓶正也氏が紹介される。

巨体を揺らしニコニコしながら出てきた。ちょっと“お太り”になられていてジャケットの前が締められない。これまた蝮さんから“朝青龍”などと野次られて会場の笑いを独り占め。

3人がお互いをなじり合いながらも仲の良さが伺える。
さすがチームワークはウルトラシリーズピカ一だ。

そんなお笑いの演芸舞台のような雰囲気の中、紅一点のフジアキコ隊員こと桜井浩子さんが紹介され登場されたが、脱線気味の男共に半ば呆れ気味。

すでに舞台は収拾が付かない程盛り上がっていて、桜井さんは駄々っ子を束ねるお姉さんの如く皆をまとめ上げようやく進行どおり(?)にイベントが進みだした。

この場に“村松キャップ”こと小林昭二氏がいらっしゃらないのが本当に残念である。

と思っていると舞台後ろのスクリーンに“当時”のキャップが現れ聞きなれないアフレコの声で隊員たちに危険を知らせる。『うん?声が違うぞッ!』と鋭い突込みを入れる桜井さん(笑)。

するとほどなくお決まりの怪獣登場。今回はバルタン星人である。
ここはやはり『スパイダーショット』を持ったアラシ隊員に退治願わないわけにはいかず、用意してあったスパイダーの小道具を手に、外野から“撃つなアラシ”なんて茶化し入るがSEとともにバルタンめがけスパイダーを放つ。

その後ハヤタを残し他のメンバーは裏へ引っ込むと今度はハヤタとの一騎打ちである。

バルタンと“笑い”の掛け合いをしながらいよいよ変身だ。がここも例の“スプーン”を持っての変身シーンが再現されひとしきりファンの喝采を浴びた後に真打『ウルトラマン』登場。

会場のちびっ子から“ウルトラマンがんばれーっ!!”と声援もありスペシウム光線で決着をつけると一連のアトラクショーも一応終了。再び4人が舞台に現れいよいよトークショウの始まりである。

トークショウも男3人が暴走すると、ロコ(桜井さんのニックネーム)さんが“チャンチャン”といった感じで締めるパターンで進行し、撮影時の“ハヤタ・サボテン事件”やスパイダーショット使用時の裏話、また円谷英二氏との思い出などが各人から語られたが、随所に黒部氏や蝮さんの“親父ギャグ”がちりばめられていたのは言うまでも無い(爆)。

ひとしきり盛り上がった後、抽選会が行われ10人の幸運な方々がM1号謹製イベント限定の台座付・ウルトラマン&ベムラーのソフビオブジェクトを手にしたのだ。

う~ん欲しかった・・・。(会場にはM1号の西村祐次氏もいらしていた。)

そしていよいよ、お待ちかねのサイン会である。
DVDや書籍等みなそれぞれに思い思いのグッズを手にサインを頂き握手を交わしていた。

写真撮影が禁止なのは非常に残念であったが、その出演者の方々に間近でお逢いし言葉を交わし握手をさせていただけた事はこの上も無く幸せな時間であった。


ヒーロー巡礼の旅はつづく・・・



編集後記♪

この日はウルトラマンマックスも会場に登場し黒部さんや桜井さんが出演する旨が告知され、また、成り行き(?)で桜井さんが他の蝮さん、二瓶さんに出演の約束を取り付けていた。

マックスを御覧になっていた方はご存知だとは思うが、二瓶さんは黒部@トミオカ長官の戦友『伊達博士』役で準レギュラーとして度々登場し、蝮さんは1回だけであったが“なぞの警備員さん”?としてちゃんと出演された。

トークショウの時に蝮さんが

『今更俺たちなんかを引っ張り出しちゃダメなんだよなぁ~ もっと若い人達で盛り上げていかないと・・・』

と仰られていた。確かにマックスは“オールスターキャスト”と言った感で視聴率稼ぎと捉えられかねない展開ではあったけど、我々おじさんには嬉しいサプライズではあった。

メビウスでも秋に公開の劇場版のほうには何とウルトラ兄弟までが登場する!
賛否あるけど皆さん元気なうちはどんどん登場して欲しいと思う♪

本当に今にして思うと、この歳で科特隊のメンバーに生でお目に掛れるなんて考えてもみなかったことだ!実に貴重な時間を体験したんだと改めて思うのでありました♪

[PR]
# by heroes-cafe | 2005-06-11 21:10 | HERO☆JUNREI
HEROES☆CAFEへようこそ♪ 幼い頃に出逢ったヒーローやヒロインにもう一度逢いに行きませんか・・・
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30