ウルトラセブンを愛した市川森一さん、逝く。。。

昨日、脚本家・市川森一さんの通夜が営まれたそうです。。。





享年70歳。



日本人男性の平均寿命が79.64歳らしいから早すぎますよね・・・。







お通夜の会場では市川さんの代表作「黄金の日日」「ウルトラセブン」「傷だらけの天使」



などのテーマ曲が流れていたそうです。







「ウルトラセブン」を代表作と云って憚らなかった市川さん。



一度直接お目にかかっていろいろお話を伺ってみたかったです。。。。






b0087512_12104073.jpg



昨日の通夜にはアンヌことゆり子さんも参列されたようで、



700人近い方々が参列されている中、わざわざ市川さんの妹さんから



「アンヌさんがいらしてくれて兄も喜んでいますよ・・」



と直接お言葉を頂いた、とのツイッターでの呟きを拝見しましたが、



我々がアンヌことゆり子さんに淡い恋心を抱いたのと同じように



きっと市川さんにとってもゆり子さんは“永遠のヒロイン”だったんでしょうね。。。。。。


b0087512_1211439.jpg






ゆり子さんのブログにも追悼記事が上がっていますが、



私も最初にして最後に生で市川さんをお見かけしたのは06年のウルフェスのイベントでした。



その時の日記を読み返しながら、柔和な笑顔の市川さんのお顔を思い浮かべていました。


b0087512_12114397.jpg







先日NHKで放映されたドラマ「蝶々さん」



市川さんが書かれた小説を自ら脚本化しご自身が手掛けた最後のドラマとなりました。



歳のせいか随分うるうるさせて頂きましたが、市川さんが長崎の諫早出身だったということを



恥ずかしながらつい最近知りました。






私の母親が戦中、親戚を頼って諫早に疎開し高校卒業まで諫早に住んでいたので



もう随分前になりますが諫早にも遊びに行ったことがありましたし



亡くなってから云うのも変な話ですが、市川さんに対して急に親近感が湧きました。



また私の記憶が間違っていなければ、母親も市川さんと同じ諫早高校出身だったはずなので



歳は母親の方が3つ上だから当然面識などあるわけもないけど、知らない所で



遠い縁があったんだと思うと生前にお目にかかれなかったことは本当に残念です。。。。












謹んでご冥福をお祈りいたします
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by heroes-cafe | 2011-12-21 12:33 | ULTRASEVEN | Comments(0)
HEROES☆CAFEへようこそ♪ 幼い頃に出逢ったヒーローやヒロインにもう一度逢いに行きませんか・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31